IZAKAYAスタイルビール。

こんにちは。だっちょです。

このところ妙に寂しい生活をしています。

毎日家にひとりでいるのって全然堪えられるのですが、たまには社交的な活動もしてみたいと高望みをしたりもします。

そこで…財布を握りしめてどこかに行こう!と思っては見たものの…。

何もすることねーやと諦めてしまうに至るわけです。

基本的に社交活動というのは飲酒です。

それ以外のことはよほどの興味がないと動きません。

つまり外にお酒を飲みに行きたいと思うわけです。

都内に行けば行きつけのビアバーがありますけど、そこまで行く気力がない時…

やはり近所に飲める場所がほしいなと思います。

うちの近所、駅からの帰り道くらいの間で確認している酒処といえば…

薄暗くてダーツとかもできるカウンターバー。カクテル多し。

説明不要のよくある居酒屋チェーン店。

くらいなものです。

どちらもひとりで気軽に立ち入るには敷居が高いです。

そもそもビールが飲みたいだけなので、ビールにスポットがあたっていないお店はあまり興味がわきません。

たぶんわがままなんです。

究極のわがままなんです。

近所に色んな種類のビールを状態よく提供してくれるバーがほしいなんてことは。

まぁそれはさておき…

ひとりで入りやすいお店がほしいというのは切実な願いだったりもします。

こう思っている人は多いはずではないでしょうか。

しかしまぁ日本には居酒屋文化がよく根付いています。

居酒屋スタイル…

大人数が収容できる宴会スペースがあり、多種の食事や酒を安価で楽しむことができるのがいわゆるチェーン居酒屋。

イベントの打ち上げとか仲間数人で飲みに行くにはうってつけの場所ですが…。

週に何回も定期的に飲みにくる場所かというと…違うような気もします。

ではそういうタイプの居酒屋は何をしに行くところかというと…

大勢でわいわい騒ぐ場所なのではないかと。悪い意味ではなくてね。

お酒を飲みにくるところという以上にコミュニケーションの場としてのポテンシャルが高いので…

騒ぐwith酒、な場所ではないかと感じることがあります。

「えっとぉ〜とりあえず生のひと何人〜??」

なんて声が聞こえてきそうです。

世のビール飲み諸君。それでいいのかい?

生って何?とりあえずってなにさ?

「生」が淡麗(発泡酒)の店もあればプレミアムモルツの店もあります。何飲んでもいいのですか?

常々思うんです。

ビール好きって少ないんだなぁと。

と、こんな風にごちゃごちゃ言ってると…すごく気を遣われる時があります。

だっちょさんと飲みに行くのにこんな居酒屋でいいんですか?とか…。

もちろんいいです。

大手ビールが嫌いなわけじゃないですよ。今もキリングリーンラベル飲みながらこの記事書いてます。

お金がない時は安い居酒屋で飲むビールもいいし、疲れたときはホップ注入が心地いいのでIPAのんだりします。

状況に応じて飲めるのがベストなのでしょうが…やはり9割以上は大手ビールが牛耳るビール文化です。

まだまだ1割にも満たないクラフトビール文化をもりあげるにはもっとプロモーションしていかないといけませんね。

結局こんなことを考えていると時間だけがすぎて外にでなくなるんです。

考え過ぎなのかもわかりません。

でもいいんです。

ビールが好きだから。

だっちょ


Add your comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

seventeen − 17 =

*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

BEER WEB MAGAZINE

Calendar

2013年May
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Apr   Jun »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

FACEBOOK

TWITTER

Copyright © 2013 TRANSPORTER BEER MAGAZINE All Rights Reserved