ANGRY AMOS BARREL AGED BEER

こんにちは。だっちょです。

今まさにすごいビールが世の中に出回っています。

都内限定のことになってしまうのが本当に残念ではありますが…逆に都内の人は必ず飲んでほしいビールです。

アメリカはケンタッキー州レキシントンのCOUNTRY BOY BREWINGと日本が誇るクラフトビールのパイオニアであるベアードビールがコラボレーションしてバレルエイジドブラウンエールをリリースしています。

ブラウンエールって日本では何かと人気上位にはあがらないスタイルなのですが、バーボンの樽でバレルエイジングすることでこんなにもおいしくなってしまうのかと!驚かれるはずです。

今ちょうど飲んでいたところなのですが、バーボンの本場で作られるバレルエイジドビアは本当にうまいです。現地で飲んでも8〜9ドルしても良いくらいの味わいなのでパイントサイズが1000円前後で飲めるのは今の日本のクラフトビールシーンにおいては奇跡的な値段といっていいでしょう。

必ず飲んでみてください。

なぜこんなにもプッシュするかといいますと…

ベアードビールのブリューマスタークリスが現地でコラボレーション醸造する2週間くらい前に実際にカントリーボーイにお邪魔しているのです。

ベアードビールとの親交があるのは事前に聞いていたので、それを武器にこれまたノーアポで訪問したらなんと日本人の方がいました。

カントリーボーイのブリューマスターDHの奥さんはなんと日本の方なので、つかの間の日本語会話を堪能させて頂いた上に馬鹿でかいピザまでごちそうになってしまって。

かなりお世話になった場所なんです。

会社として動いてからまだそうたっていないにも関わらず味はかなり良いです。

何を飲んでもはずれはありません。

しかも通好みのスタイルもラインナップにあるのでギークでもかなり楽しめます。

現地タップルームのゲストビールには「え!?!?!?」というようなビールも並んでおり、セラーの中には僕が過去8回のビール旅行で一度もお目にかかったことのない激レアビールが1ケースもあり…「カントリーボーイは知っているな」と即座に感じました。

レキシントンはそこまで都会ではないのですが地元住民のバスケットボール愛とビール愛には脱帽です。

ケンタッキー州なんて普通の観光ではなかなか行かない土地かもしれませんが…ビール好きなのであれば…!!!!

是非いくべきスポットだと思いますよ!

とにもかくにもANGRY AMOS飲んでみてください。

少しクラフトビールを嗜んでいる方もアメリカのレベルが平然とここまできていることを実感できると思いますよ。

おすすめです。

だっちょ


Add your comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

2 × 2 =

*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

BEER WEB MAGAZINE

Calendar

2013年September
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jul   Oct »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

FACEBOOK

TWITTER

Copyright © 2013 TRANSPORTER BEER MAGAZINE All Rights Reserved