タイトルなし

こんにちは。だっちょです。

 

今回超がつくほど私的な記事を書きます。

 

悪意すら感じられる文面もあるかと思いますが、一個人の戯言にすぎないのでもし一字一句逃さず読んでしまった方…悪しからずです。

 

え~この前けやき広場のビール祭りが終わりビールシーンもいつもどおりの平穏を取り戻しているのではないでしょうか。

 

ただ個人的にはどうしても煮え切らない想いがあるのです。

 

それは以前から年に一度くらいある疑問がたまってしまったのでいいかげん書くにいたった訳です。

 

どこかでちゃんと吐き出しておきたかったので。

 

まずトランスポーター×雑穀×だっちょのコラボレーションビールとして出品されていたビールを覚えているでしょうか?

 

正式名称としては「MAD SCIENTIST Apple Ginger Weizen」というビールです。

 

まずこのネーミングを付けてくれたのはトランスポーターです。僕が付けたわけではないのですが、大前提としてビールにふさわしい名前を付けてほしいという願いがありました。

 

アップルジンジャーヴァイツェンではなくマッドサイエンティストという名前でこのビールが知られてほしい…というのはビール造りというものはアートであり作品なのであって、ただどういうビールかを説明するだけの名前では飽き足らないと感じるからです。

 

といういきさつがあるからこそ、Tシャツをつくってみたり、イベントをやってみたりと様々なアプローチもあったわけです。

 

という前置きがあってからの本題ですが、けやき広場のビアバディブースにこんなビールがありました。

 

Mad Scientist 55Hops IPA。

 

あれ?一緒じゃん。

 

もろかぶりしてました。

 

Mad Scientistなんていう言葉はトランスポーターだけの言葉でもないしありふれた名前かもしれませんがこういうかぶり方があると少し疑問に思うのです。

 

トランスポーターコラボビールのことは誰もが知ってて当然…なわけはないのでちゃんと意図があってつけられた名前なのだと思うのですがこんなにピンポイントでかぶるかな?どうしてかな?

 

というただの疑問です。

 

でもよくよく考えてみるとトランスポーターブースではマッドサイエンティストのシャツを盛大に販売していましたが、雑穀ブースではたしかその言葉はなく、アップルジンジャーヴァイツェンという名前で販売していたのでどちらかと言えばこちら側に感覚のずれのようなものがあったという見方もできるのでそれについては今後もしまた造る機会があればもっと積極的にお話などもしたいなと思います。

 

単に僕がツイッターでMAD SCIENTISTという名前を前面に押し出して告知してしまったので間違えて飲まれた方がいたかな~なんて。

 

どっちにしてもこちらが悪し。すみません。ただの疑問をちょっぴり大げさに、そしてマッドサイエンティストというビールが如何なるものかを交えて書いてみました。

 

ということでこれにて序章は終わりです。

 

 

 

次に。

 

僕は素人なのでビール醸造のレシピをプロ目線で考えることはできないのですが、そもそもアップルとジンジャーとヴァイツェンの組み合わせを提案したのは何をかくそう自分なのです。

 

経緯をお話しますと、アメリカンビールが好きでアメリカ中を飛び回っていた時に僕の舌を刺激するとある飲料と出会いました。

 

結果的にそれはビールではなかったのですが、アップルのフルーティさ、ショウガのスパイシーさが衝撃的な炭酸飲料でした。

 

もしこの味わいを残したままビールとして造るなら…嫌いだけどヴァイツェンじゃないかな~なんて思いながら飲んでいた記憶があります。

 

これまた私的な話ですが、僕はヴァイツェンが苦手です。たいてい飲むのを避けます。

 

が、雑穀工房のヴァイツェンだけは苦手な要素がなく好んで飲んでいるので、もしビール醸造するならヴァイツェン、しかも雑穀工房がいいなって。

 

そこでトランスポーターから雑穀工房とのコラボレーションの話を頂いて真っ先にアップルジンジャーヴァイツェンを造りたいと提案したのです。

 

当事者以外にはわからない感覚だと思いますが、僕にとってアップル×ジンジャー×ヴァイツェンという組み合わせには自信がありましたし、思い入れがあります。

 

一応他のブルワリーが同じようなことをやっていたらアイデアを却下しようとも思ったので下調べは一応しました。

 

それが2013年3月くらいの事。

 

同年2013年11月ころ、あるビールがビールシーンに出回った事を覚えていますか?

 

アップルジンジャーIPA。

 

あくらビール、福島路ビール、いわて蔵ビールがコラボレーションしてつくったビールです。

 

あ、あ、アップルジンジャーですか??

 

…どうリアクションして良いかわからないです。

 

この記事を書くにあたり情報を掘り出してみたのですが、このような説明文を見つけました。

 

「今回、福島路ビールのリンゴをしようしたフルーツビールの醸造技術。あくらビールさんのアメリカンなビールを醸造する技術。いわて蔵ビールのIPAの技術や地場産品を使用する技術。こんなことを掛け合わせて、アップルジンジャーIPAを醸造することになりました。」

 

一部抜粋です。

 

やっぱりどうリアクションして良いのかわからないのです。

 

三者のコラボレーションという点、アメリカンな味わいという点、そしてなによりアップルジンジャーという名前。

 

ここまでかぶりますかね?

 

ちょっとした敵対心を感じてしまったため僕はこのビールを飲んでいません。

 

ほんとただの妬みなのでしかないのでしょうけど…どういう気持ちでそのビールを受け入れたら良いのかわからなかったので。

 

そんな想いもありましたという事を吐き出したかっただけです。

 

 

 

そして最後に。

 

もうここまで来たら書いてやろうと思っていることがあるのでついでに書きます。

 

いや、ついでではありません。これがこそ一番言いたいことであり共感してほしいこと。

 

本当は書くつもりなかったのですがこういう機会でないと言えないことなのでもうしばらくおつきあい下さい。

 

あくらビールが過去二年間にわたり発表したあるビールについて怒ってます。

 

デスメタルIPA。

 

飲んだ方も多いのではないでしょうか?

 

日本においてこの前衛的なネーミングセンスのビールがなぜ発売されることになったのか。

 

そのきっかけは某バースタッフの何気ない一言から始まっています。

 

ブリュードッグのパンクIPA、ハードコアIPAがあるからデスメタルIPAもあると面白いよね~という発言に食いついたのがあくらビールです。

 

すごく軽いノリだったことを覚えています。

 

ビール界において軽いノリで面白いことにチャレンジする姿勢、柔軟な思考はとても重要なのですが…

 

時として軽いノリは悪ノリになります。

 

そもそもデスメタルだなんて言葉を聞いて一般の人が何をイメージするでしょう。

 

何それ?どんな物かもわからないよ。って言ってくれるならまだマシですが…映画化もされたあの有名なギャグ漫画のことを想像する人っていませんか?

 

一般の方にとってみればデスメタルなんてオタク文化の一部にすぎないかもしれませんが、僕はデスメタルバンドをやっています。

 

そのバンド活動として日本だけでなく海外でも公演を行い、行く先々で同じ音楽を愛する仲間とふれあい、デスメタルが好きなブルワリーにも足を運びCDをプロモーションしたり親交をふかめています。

 

とにかくまじめにデスメタルをやっています。

 

それをギャグ漫画と一緒にされるなんてまっぴらごめん。まさに怒りなんです。

 

と、この時点ではあくらビールがどのくらいまじめにデスメタルを意識したのかはわからないのですが、いざ発売されてみるとやっぱりいたんです。

 

あのギャグ漫画のキャラクターを宣伝のモチーフにするバーが。

 

デスメタルしらないやつがそういうことするのはもはや当たり前のことなのでバーは悪くないのですが、本物のデスメタルが好きで意識したビールならばそういう売り方に抗議するのが当たり前だと思いませんか?

 

実際抗議をしたのかはわかりませんがその記事が消されていないことなどを考えるとやはりあくらビールが考えるデスメタルにそこまでの思い入れはないという結果なのだと思います。

 

だから僕はそのビールを飲んでいませんし、知人には飲むべきでないと伝えています。

 

飲んだらその時点でそのビールをサポートしていることになるので。

 

他の人が好きなビールをどう選ぶかなんてどうでもいいことではあるのですが、味以外の面においても本物のこだわりを感じないビールはサポートしないと決めています。

 

たまたまデスメタルっていう僕にとってピンポイントな事例ではありましたが、もしみなさんが人生をかけてもいいと感じているものを冒涜されたものが巷で流行ったりでもしたらどう思いますか?

 

だまって見ていられますか?

 

ということなので現状が続くのであればデスメタルIPAはリリースされても興味を持つ事ができませんし、また悪意のある宣伝などで本物のデスメタルが汚れるならば再度吠えるまでです。

 

私的な怒りばかりで申し訳ないですが以上です。

 

だっちょ

June 3rd, 2014 0 comments 未分類

けやきビール祭りの実態

こんにちは。だっちょです。

けやきビール祭り終わりましたね。

僕は4日中3日足を運びました。そしてそのうちの2日をタクシーで帰るはめになってしまいました。

気の合う仲間との飲酒はなんてすてきなことなんでしょう〜

という楽しかったですね記事ではありません。今回は。

けやき広場のビール祭りは回を重ねるごとに知名度も増し、来場者数も増しているのですが同時に増えるのがゴミ。

見た人は十中八九同じような意見をお持ちだと思いますが、ゴミ集積場にたまるゴミの量や散乱具合はひどいものでした。

そこでビールを飲むついでにけやき広場におけるゴミの調査をしてみたわけです。

なぜ大量のゴミが出るのか。

けやき広場ビール祭りは回数を重ねるごとに来場者が増えているのはもちろんのこと、出店ブース数も増えています。

しかもそのほとんどの店舗でフードを提供しているのでゴミが出るのは当たり前なんです。

海外のビアフェスでもフードを出している会場はあるのですが、日本が欧米と違う決定的なものがあります。

それは箸を使うという文化。

肉料理やホットドッグなどを販売してもでるゴミはアルミや紙の包み紙くらいのもの。

やきそばなんて出されたら箸に加えてとてもかさばるプラスチック容器までついてきます。

徘徊していて気づいたのですが焼きそばは超人気商品だったのでかなりのゴミがでたことでしょう。

でもねエコなんてほとんど考えないのが日本人だと思っているのでゴミがどのくらい大量にでるのかは問題ではありません。

問題はそのゴミがどこに捨てられていて、どうやって処理されていくのかということ。

そこで会場にあるビール祭り用のゴミ箱の数を本部に聞いてみました。

だいたい10カ所くらいだったそうです。

本当かな?と思って今度は数えてみました。

本当に10カ所でした。

もともと設置されているであろうゴミ箱や自販機のゴミ箱の数が8カ所、祭り用に設置したであろうゴミ箱は10カ所。

数としては多すぎず少なすぎずの量かもしれませんが問題はその大きさ。

高さ70センチくらい、縦横は4〜50センチくらい。それが分別用として3つ。

これが1セットです。

先ほど書いたように欧米に比べても多くのゴミが出るのが前提なのにあまりに小さい。

処理さえ出来るのであれば景観の邪魔をしないサイズのほうが良いのかもしれませんが、そもそもこんな記事を書くキッカケになったのが目の前でおこったポイ捨て。

ポイ捨てがあるということはゴミ箱の処理ができていない証拠。

こんな回りくどく書かなくても写真があります。

ごみ

常にゴミ箱はこんな感じでした。

ではなぜ処理が出来ていないのか。

また視点を変えてみて今度は清掃スタッフの人数を本部に聞いてみました。

だいたい14、5人といったところらしいです。

この人数が多いのか少ないのかは知りませんが、ポイ捨てをしてしまうくらいゴミ箱がゴミ箱として機能していないのであれば少ないという結論付けるほかないわけです。

ここでまた気になったことがあり、今度はゴミを片付けている清掃スタッフの方にある事を聞いてみました。

「あなた方はさいたまスーパーアリーナの職員ですか?それともけやきビール祭りのスタッフですか?」と。

どっちだと思います?

答えはスーパーアリーナの職員でした。

これはかなりショックでしたね。

てっきりビール祭り側が用意していたスタッフかと思っていただけに。

あくまで清掃スタッフのひとりに聞いたことなので真偽は不明ですが。

とにかく現状はこんなところだったのでどのような対処をすれば良いのかが今後の問題ではないでしょうか。

そもそも!!

来場者数が多すぎる!!

なぜだ。なぜ老若男女とわずここまで人がいるんだ。

そう思った人いませんか?

ベビーカーをもった夫婦。となりのスーパーアリーナでのコンサート前の客。制服を着た学生もいました。

入場制限もバリケードもほぼナシの状態では当然混雑もします。

ちょっと間口を広げ過ぎではありませんか?

ビール祭りなのになぜ制服の学生を敷地内で見るのか。

彼らはビールなんて飲んでないでしょうが焼きそばなんかのご飯は食べたかもしれません。

これってもうビール祭りではなくてけやき広場夏祭りwithビールくらいのもの。

色んな人に楽しんでもらうためなんだと思いますがビールでないお酒も出てました。

それらの全てが悪いとは決していいませんが、その間口の広げ過ぎが原因で大混雑、大量のゴミ問題が発生しているはず。

モヒートなんて出してる時点で100%ピュアなビール祭りではないですし。それにめちゃくちゃ並んでたし…。

クラフトビールの発展は願いたいものですが、ちょっと違う観点からみるととても下品なイメージをもった方もいたかもしれません。来場していた一般の方の何割が今後も日常的にクラフトビールを飲みたいと思ったでしょうか。

混雑を避けるために敷地外にシートを敷く人もいましたし、普通の店舗横で飲食していて警備員に止められていた方もいましたし、なにより信じられないのがこれ…。

ごみ2

トイレ横のゴミ置き場で飲んでいる人達をみてこの国はどこまでクレイジーなんだと思いました。

もっと広い会場にすべきなのか。

ほかに策はないものか。

個人的にはバリケードでかこって入り口にゴリラみたいなセキュリティーを立たせるのが良いと思うのですが日本では浸透しない文化ですよね笑

それでは。

だっちょ

June 2nd, 2014 0 comments 未分類

Load More Posts
BEER WEB MAGAZINE

Calendar

2014年June
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« May    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

FACEBOOK

TWITTER

Copyright © 2013 TRANSPORTER BEER MAGAZINE All Rights Reserved