札幌でビールを楽しくするひとたち。

こちらではご無沙汰をしております
呼ばれるまま、思いつくままに飛び回っていたところまた随分と期間が開いてしまいました

月の半分を家以外で過ごす、みたいな日々を送っておりまして、家賃がもったいないなぁなどと思っておりましたら、
あまりに帰らなさ過ぎてガス屋さんから「先々月からガスの使用料が極端に少なくておかしい」と生存確認の連絡が入ったぐらいです(笑)

そんな事ってあるんですね

 

意図せずお手伝い全国ツアーに出ていた のんたんです
ごきげんよう

意図せず、というのは、自分で計画していたものよりも3倍の遠出があったことにかかります
いやはや、お声をかけていただけるだけでもとても嬉しく、喜んで手伝いに行ったのは言うまでもありませんが(笑)

全国ツアーを終えて、本当にやっと一息(前回もそんなことを言っていた気がします……)
飛び回っていたことの記録をようやくしていこうかと思います

リアルタイムで記せず本当にすみません……
少しでも来年のイベント参加への参考になれば幸いです

相変わらず「今何やってるの??」と聞かれるので何をしていたかが大体ここで明らかになります(笑)

—–

Facebookからの通知によると、ちょうど一年前、私は北海道にいたようです
(ビールなイベントではなく、大好きなアーティストのライブで訪札していたのですが)

ということで、7月に札幌に行ったときのことから書き始めましょうか…(笑)

一時期は2ヶ月に1度のペースで訪れていた札幌
私が移住したい街No.1の大好きな土地です

何でこんなにこの土地にはまっているのかをうまく説明できないのですが、訪れるたびに好き度が増していきます

 

7月某日早朝

今回は予算の関係上、成田発の飛行機で北海道に向かうことになりました
広島行き以来の成田空港です

ということで今回もしつこいようですが申し上げておきます

「成田が成田なう!!」

※今年はゆるキャラグランプリ・チャンピオンなるか?!の「うなり君」

 

私は、北海道の地に降り立つと必ず訪問する場所があります
空港のある千歳から近い、ということもありますがここを通らずには北海道のビールは語れません

最寄の駅から徒歩15分
到着したのがこちら!!

わかさいも本舗 登別東店
のぼりべつ鬼伝説地ビール工場!!

 

店内に入ると無料の試飲用コーナーがあります
※飲む量はほどほどに!笑

 

お土産屋さんから見える工場を覗いてみると、柴田醸造長と山本さんの他に見知った顔が……

何とこの日は偶然にも、伊勢角屋麦酒とのコラボ仕込みの日!!
醸造長の出口さんがいらっしゃっていました

ビアフェス前の訪問だったので、誰かには会うかもしれないなぁと思っていたのですが、ラッキーでした!
早速作業のお邪魔にならないように、工場に潜入

鬼伝説地ビールは伊勢角屋で麦酒の造りを学んだこともあり、交流が盛んです
終始仲良く過ごすお二人にこちらまでニヤニヤしてしまいます

調度行程としては「ろ過」にあたる時間
醸造に少し余裕のできる時間でもありましたので、たくさんかまっていただけました

 

さて、肝心なビールの仕込みですが、この日はラガーイーストを使用し、高温発酵と低音発酵を両方行うカリフォルニアコモンをベースに、ニューイングランド スタイルIPAの製法を意識した造りを目指していました
原料に、ライ麦、オーツ麦を使用しているため、舌触りがとろりとしています

「NEW賢島」という名前でリリースされたので、お飲みになった方も多いのではないでしょうか?

過去最高のろ過時間だー、と予想以上に仕込み時間がかかっている様子でした

ちゃんと働いてるところも撮ったってやー、と言われたのできちんと撮影

 

貴重な記念写真にもちゃっかり参加してしまいました
やたら皆楽しそうです(笑)

出口さん、柴田さん、山本さん、お忙しいところありがとうございました!!

 

夕方までは登別温泉に入ってのんびり
白濁の温泉はとてもよく温まるいいお湯です

さて、バスで札幌に向かいパブクロールへと繰り出しました

NORTHISLAND BEER BAR

ここには主にシェフの謙太さんに会いに来ています
いつも突然現れるので「びっくりしたー」と言わせたくて行っているようなところもあります

同じように前のりしていたお客さんや、札幌での友人にも会うことができました

ここでは限定のホワイトIPAをいただきまして、美味しすぎておかわりしました(笑)

 

そのあとは狸小路
カタコト」さんへ

毎度「おかえりー」と迎え入れてくれる心地よいところです


ポスターなどのデザインをしていることもあり、白黒テレビにはFORESTの映像も流れていました

 

このあと「カラハナ」へ
札幌での私のマイホームです
ここでももちろん「おかえりー」と迎えてくれます

半年振りの訪問でしたので、積もる話もちらほら
盛り上がりすぎて、カラハナでの写真が餌付けしている猫ちゃんの写真しかなかったです(汗)

 

翌日は設営へ会場となる盤渓スキー場へ
その前にちょっとしたトラブルの解決に奔走していたのですが、それはまた別の話で……

普段の盤渓に来るのは始めての事
会場を作り上げていくのはワクワクしました!

設営後、再び「カラハナ」へ
腹ごしらえのためにやってきたのですが……

本当はこんなに混雑する前に移動する予定が、翌日バンド出演するという大阪からきた方たちと盛り上がりすぎてしまいました
結局、閉店までお店にいたのは本当に予定外でした(笑)

 

その後の飲みのお誘いもあったのですが、
ささっと宿に戻り、しっかり寝ましたよ

 

そして今回の目的
SAPPORO CRAFT BEER FOREST 2017」!!

このビアフェスを初回の開催から見守っていますが、スタッフとして参加するのは初めて!
何でもします!と言っていたのですが、2日間ともブルワリー担当に配属されました

担当させていただいたのは「伊勢角屋麦酒」「志賀高原ビール」
出口さんとは今回だいぶご縁があるようです

伊勢角屋さんにおいては、配送トラブルにより備品が届かず、スタートは私の手書きのポップでスタートしました
お粗末さまです……

あちこちたくさん手伝いをしているように思われる私ですが、実は両ブルワリーともお手伝いに入るのは初めて!
特に志賀高原さんのタップを触るのは初めて!!

 

初日は栄吾さんがいなかったので、中村さんのサポートをさせていただきました

「楽しそうにビール注ぎますね」といただいた写真、私いい顔してますね

 

2日とも天候にも恵まれ、暑すぎるぐらい!!
ほんとうにビール日和でした

札幌でのビアフェスは夏のスキー場で行われます

中心街からも30分と好立地で、色んなビアフェスを見ていますがここまでロケーションが良い会場もなかなかないと思います

会場内もライブが行われ大賑わい
前日に乾杯した方々のライブも大盛況でした

 

先日クラウドファンディングにてBigな記録を打ち立てた忽布古丹(ほっぷこたん)醸造の堤野さんと

南富良野で醸造所設立の準備中!!
早く彼の造るビールが飲みたいですね!

 

日曜日の回で公開プロポーズを披露した二人

びっくりしましたが、本当におめでとうー!!
末永くお幸せに*\(^o^)/*

 

最後に記念写真
実行委員メンバーの皆様(一人足りませんがw)

大好きなチームに今回貢献できて嬉しかったです
本当にお疲れ様でした!!

 

終わりにはきれいな月が出ていました

 

打ち上げは会場お隣のジンギスカン屋さんで

しっちゃかめっちゃかで楽しかったです(笑)
北海道という土地も手伝ってか、ブルワーさんたちがのひのびとしているのもこのビアフェスのいい所でもあります

打ち上げの後は、こちらも恒例になった実行委員の皆様の打ち上げに混ぜていただきました
何で通例になったのか謎なのですが、いつも最後はこれで終わります
今回はちゃんと働いたから背徳感はありませんけどね

 

さて、明くる日からはプライベートでビールとは離れたことをしておりました
札幌に住まう友人に会ったりしておりました

寿司を食べるぞー!と「トリトン」へ

回転寿司とは思えぬクオリティーにデレデレ
思わず食べ過ぎてしまいます

 

夜は「かけはし」さんへ

日本酒とおいしいお料理がいただけるお気に入りのお店です

その後、朝まで飲みました……

 

翌日

カレーを食べに「ジャドプール」さんへ
カタコトのイーリンとNORTHISLAND BEERの多賀谷さんにお勧めされたので、さっそく行って来ました!

 

そして、「アダノンキ」さんへ

建物の関係で移転を余儀なくされており、今の場所では最後になりそうだったので訪問してきました

古本に囲まれてまったりビールを楽しめる素敵なところです
移転したあとも楽しみにしています!

 

夜はまた友人と合流して、
「ヨルコワリ」さんへ

ヴァンナチュールのいただける焼き鳥屋さんです
少量ですがクラフトビールも置いてます

ご飯が美味しくて悶絶!!

それから再びの「カタコト」さんへ

やっぱり落ち着くところでのんびり飲むのは楽しいですね

 

またもや朝まで飲みました…

明け方の狸小路
天井が全開になっているのを始めてみました

1週間滞在していたはずなのに、あっという間に時間が経ってしまいました

今回は登別と札幌のみでした
まだまだ行きたい所がたくさんあったのですが、

またすぐにでも再訪したいです

そしてまた、次の地へと旅立つのでした……

 

Beer Catalyst ビールを楽しくするひとってこんなひと
のんたん


Add your comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

four − four =

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Calendar

2017年September
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jul   Oct »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

FACEBOOK

TWITTER

Copyright © 2013 TRANSPORTER BEER MAGAZINE All Rights Reserved