愛される。

前回アップした「入れ替わる。
多大なる反響をいただきありがとうございます!!

公式大阪出張、今から楽しみです♪
これに味をしめて、次はどの地方都市と手を組もうか今から妄想しています(笑)

「行きたいところへ行って、会いたい人に会いに行く!」
なるべくこのスタンスは変えずにいようと思う、のんたんです
ごきげんよう

今年も公私ともに飛び回りますよ

 

—–

 

初めて(まともに)お会いしたのは、六本木のミッドタウン
オープン前にご挨拶もかねて、と参加したグランビエールでのことでした

その前から存在自体は存じ上げていたものの、話しかける勇気もチャンスもありませんでした
この時初めてお会いするにも関わらず、とても優しく接してくださったのを覚えています

お店がオープンして間もなく、調度東京で催事があるからとお立ち寄りいただきました
オープンしたてということもあり、他にお客様がいらっしゃらず、タイマンという特異な状況に緊張…
貸切の店内で、ひとしきりお話しさせていただいたのは良い思い出です

その時、彼がいるからとたくさんのお客様が駆けつけてくださり、あっという間にお店が賑やかになりました
これが彼の持つ人を惹きつける力なのだなぁ、と思ったものです

そして初めての一関ビアフェス
まだまだ新米の私に、「顔を売ってこい!」と送り出してくれたオーナー
無理やりシフトを調整してくださり、弾丸で行かせていただきました

ご挨拶周りをする中で「よう来たよう来た!」と笑顔でビールを差し出してくれました
知り合いが少ない中で、
この時も一人ぽつんと佇む私に「ほら、飲みに行くで!」と声をかけて、打ち上げに混ぜてくださいました

そして迎えたTシャツ展
忙しい時間を縫って、期間中何度も訪ねてくださり、たくさん盛り上げてくださいました
お孫さんも上京され、おじいちゃんとしての顔も見せていただきました(笑)

お礼も兼ねて、訪れた初の工場
この時ベルギー旅行へと出ていらしたので、ここでお会いすることは叶いませんでした
今でも大阪を訪れる際には寄らせていただいています

そして、当然の事故の知らせ
間もなくの訃報

悲しんでばかりもいられない、と思い出させてくれたのはやはり彼自身でした

ビールは笑顔の似合うお酒、それを身をもって教えてくださっているような元気で明るいお人柄
皆を笑顔にするパワーを持つ、今でも愛される素敵な方です

私もそんな風になりたいな

出会ったころの初心を忘れないためにも、
今日の日は一緒に、杯を酌交したいと思います
Cheers!乾杯!Prost!


Add your comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

7 + five =

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

BEER WEB MAGAZINE

Calendar

2014年February
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jan   Mar »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

FACEBOOK

TWITTER

Copyright © 2013 TRANSPORTER BEER MAGAZINE All Rights Reserved