セントアーチャー

昨日の営業後はマッチャンと一房一献のNEWスタッフ・タナギくんと飲みに出かけました。

第1回タナギくん歓迎会です。

タナギくんの希望で、HOPMANおもてなしコースCコースへと出かけたのですが、まさかの改装中。

Eコースに急遽変更となったのですが、まさかの休み。

結局、Aコースへと行きました。

Aコースはしっとりクールなコースなので、3人で語らいながら飲みました。

マッチャンが入社した時は、しばらくの間、ことあるごとに歓迎会と称して飲みまくりました。

今回はどうなっちゃうんだろう…。

 

さてさて昨日は17時オープンとさせて頂いて、お昼にインポーターさん開催のセミナーに行ってきました。

セミナーに参加した最大の目的は、日本初上陸のビール【セントアーチャーブルワリー】の話を聞くこと。

早速、インポータサーさんからの説明をどうぞ↓

 

————————————————————

 

クラフトビールの聖地のひとつ、サンディエゴから新ブリュワリーのご紹介です!
セイントアーチャー・ブリュワリーは、2013年4月にワールドクラスのスケートボーダー、サーファー、スノーボーダーアーティスト、ミュージシャンといったカリフォルニアのライフスタイルを代表するクリエイティブな仲間達が集まって設立された。

ブリュワリーの出資者にはサーフ&スケートボードの世界で高い評価を受けているフィルムメーカーのジョシュ・ランドンを筆頭に、プロスケーターのマイキー・テイラーやポール・ロドリゲス、プロサーファーのテイラー・ノックスやジョシュ・カーと錚々たるアクションスポーツ界のスター達がその名を連ねる。
こうしたスターたちは、ブリュワリー/ブランドの広告塔として契約しているのではなく、ブリュワリー設立にあたり、実際に彼らの資金を提供して、会社を共同所有しているのだ。

異業種からの参入と侮るなかれ。

醸造ディレクターにはアメリカ屈指の若手ブリュワーとの呼び声が高く、数々の受賞歴を誇る元Pizza Portのイーガ・ミヤシロを、ヘッドブリュワーにはやはり既に高い評価を受けている若手女性ブリュワー、元Mauiのキム・ルッツを据えていることからも伺えるように、そのクオリティは本物だ。
彼らの情熱と愛が込もったクラフトビールは、ビールファンと彼らが象徴するカリフォルニアのライフスタイルとを結び付け、ライフスタイルブランドへと発展していく。

————————————————————

 

設立から1年とまだ若いブルワリーですが、実力のあるブルワーさんが集結したということで期待が高まります。

おもしろいと思ったのは、プロスケーターやプロサーファーといったスポーツ界のスターが関わっているところ。

サーファーのマッチャンに聞いてみたところ、サーフィン業界では超有名人で、サーフィンが好きな人はみんな知っている人とのこと。

そういったスポーツ界のスターたちの影響もあって、ロスのセレブたちからも人気を博し、国内需要も増えているのだとか。

昨年のアメリカ研修旅行でいったブルワリーの一つ【ピッツァポート】は店内にサーフボードが飾ってあったり、タップハンドルにはサンダルが付いていたり、店の外ではスケボーで移動している人がいたり、茅ヶ崎に似たものを感じたわけですが、今回の【セントアーチャーブルワリー】もなんだか同じ匂いがして親近感が湧いちゃいます。

 

そんな【セントアーチャーブルワリー】、今回試飲させてもらったビールは4種類。

インポーターさんからの説明をどうぞ↓

 

————————————————————

 

【 Blonde Ale / ブロンドエール 】
Style: Kolsch
ABV: 4.8%
IBUs: 22
ドイツのケルシュスタイルのゴールデンエール。セイントアーチャー流の解釈はピルスナーにも通じる クリーンでクリスプなモルトのキャラクターを特徴とする。ライトボディでドリンカブルなブロンドエ ールにドイツ産ノーブルホップの上品なアロマが花を添える。

【 Pale Ale / ペールエール 】
Style: American Pale Ale
ABV: 5.5%
IBUs: 40
とてもホッピーだがセッショナブルなアメリカンペールエール。クリスタルモルトをバックボーンに、 カスケード、チヌーク、シトラ、シムコーといったアメリカンホップの柑橘類や樹脂などを思わせる鮮 やかなアロマが光る。

【 IPA / アイピーエー 】
Style: American IPA
ABV: 7.0%
IBUs: 66
ホップ主導だがあくまで品がよく、ビターだがバランスの取れたアメリカンIPA。アマリロとシムコーの 柑橘類/トロピカルフルーツのようなキャラクターがはっきりと感じられる素晴らしいIPA。
【 White Ale / ホワイトエール 】
Style: Belgian White
ABV: 5.0%
IBUs: 15
上質なピルスナーモルトとウィートモルトをベースにコリアンダーとフレッシュなオレンジピールをふ んだんに使ったベルジャンホワイト。小麦のタンパク質による滑らかな口当たりと酵母由来の酸味、ス パイシーさ、そしてフルーティーなフレイバーがとても爽快。

————————————————————

 

どれもきれいな作りで非常に飲みやすい。

シンプルに美味しい。

私の好きなタイプのビールです

一緒にセミナーに参加したマッチャンとタマちゃんの評価も高かったです。

そんな【セントアーチャーブルワリー】のビールを、なんとHOPMANは4種類全部ゲットしちゃいました!

本日、一気に開栓いたします!

今回はそれぞれ1樽の入荷となっています。

次回の入荷はまだ未定とのことなので、飲み逃しの無いように!

美味しいよっ!

image

 

 

本日の定番フードメニュー以外の『日替わり』フードメニューの案内です↓

 

【野菜スティックと自家製豚味噌】

【ゆば刺し】

【椎茸のピクルス】

【蒸し鶏のピリ辛サラダ】

【鶏白レバーのムース】

【厚揚げ炭火焼き】

【そら豆の炭火焼き】

【鶏せせりの炭火焼き】

【鶏白レバーの炭火焼き】

【自家製炙りチャーシュー】

【シコイワシのフリット】

【骨付き鶏もも肉のコンフィ】

【牛ロース炭火焼きステーキ】

【カツオとヒラメのパクチーサラダ海鮮サラダ】

【チキン南蛮】

 

以上を用意する予定です。

今日は【チキン南蛮】が登場です。

マッチャンが先日、宮崎旅行に行ってきてチキン南蛮研究をしてきました。

美味しいよっ!

 

 

 

—————————————–

 

 

<HOPMANニュース>

 

 

○5月25日(日)営業時間を延長しまして、27時35分から、チャンピオンズリーグ決勝戦放映いたします。
※キャッシュオンデリバリー。フード持ち込み可。
○6月15日(日)9時から、ワールドカップ日本vsコートジボワール戦放映いたします。
※キャッシュオンデリバリー。軽食用意いたします。

 

○6月22日(日) ジャパンクラフトビアパブ協会の勉強会に参加するため、お休みさせていただきます。

 
○8月1日(金)17時~8月3日(日)朝5時、【36時間ぶっ通し!HOPMAN四周年感謝祭】開催予定。

※あくまでも予定ですので

 

 

—————————————–

 

 

<本日のビールラインアップ>

 

 

昨日、空いたビール、1樽↓

 

○富士桜高原麦酒 ピルス (富士観光開発/山梨)

 

 

本日、新たに開栓するビール、4樽↓

 

○セントアーチャー ブロンドエール (セントアーチャー/アメリカ)

○セントアーチャー ホワイトエール (セントアーチャー/アメリカ)

○セントアーチャー ペールエール (セントアーチャー/アメリカ)

○セントアーチャー IPA (セントアーチャー/アメリカ)

 

 

本日繋がっている生ビール34種類です↓

 

○エビス (サッポロ)

○志賀高原ビール 志賀高原ビール Super NIga〜i” India Miyama Lagaer (玉村本店/長野)

○セントアーチャー ブロンドエール (セントアーチャー/アメリカ)

○湘南ビール ゴールデンエール (熊澤酒造/神奈川)

○セントアーチャー ホワイトエール (セントアーチャー/アメリカ)

○湘南ビール 酒粕ホワイト (熊澤酒造/神奈川)

○セント ベルナルデュス ホワイト (セント ベルナルデュス/ベルギー)

○白穂乃香 (サッポロ)

○大山Gビール ヴァイツェン (久米桜麦酒/鳥取)

○富士桜高原麦酒 ヴァイツェン (富士観光開発/山梨)

○ベルビュークリーク (ベルビュー/ベルギー)

○鬼伝説 シシリアンルージュトマト (わかさいも本舗/北海道)

○志賀高原ビール アフリカウィートエール (玉村本店/長野)

○鬼伝説 アメリカンバーレーウィート (わかさいも本舗/北海道)

○志賀高原ビール DPA (玉村本店/長野)

○鬼伝説 金鬼SSSペールエール モザイクver (わかさいも本舗/北海道)

○鬼伝説 金鬼ペールエール シトラ・アマリロver (わかさいも本舗/北海道)

○セントアーチャー ペールエール (セントアーチャー/アメリカ)

○ホップハボックインペリアルペールエール (ベアード/静岡)

○セゾン デルボ メール (グラゼントールン/ベルギー)

○セゾン ド アメール (宮崎ひでじビール/宮崎)

○志賀高原ビール ミヤマブロンド (玉村本店/長野)

○クロニックアンバーエール (ピッツァポート/アメリカ)

○コエドブルワリー セッションIPA (協同商事/埼玉)

○志賀高原ビール アフリカペールエール (玉村本店/長野)

○志賀高原ビール IPA (玉村本店/長野)

○スカルピンIPA (バラストポイント/アメリカ)

○セントアーチャー IPA (セントアーチャー/アメリカ)

○オラホビール・サンダーボルトブラックIPA (信州東御東振興公社/長野)

○志賀高原ビール ポーター (玉村本店/長野)

○湘南ビール チョコレートポーター (熊澤酒造/神奈川)

○ローグ ロシアンインペリアルスタウト (ローグ/アメリカ)

○無礼講時間ストロングゴールデンエール (ベアード/静岡)

○オールドクラステイシャンバーレーワイン (ローグ/アメリカ)

 

 

HOPMANのブログ

http://hopman.seesaa.net/

 

HOPMANのmixiコミュニティ

http://mixi.jp/view_community.pl?id=5057064

 

HOPMANのfacebook

http://www.facebook.com/pages/beer-cafe-HOPMAN/187282057962480

 

TRANSPORTERでの田代のブログ

http://craftbeertransporter.com/blog-tashiro/

 

一房一献 のブログ

http://hitofusaikkon.seesaa.net/

 

 

数量限定でセントアーチャーのコースターをプレゼント! 田代

 


Add your comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

two × 3 =

*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Calendar

2014年May
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Apr   Jun »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

FACEBOOK

TWITTER

Copyright © 2013 TRANSPORTER BEER MAGAZINE All Rights Reserved