ウェイティングルーム3回目

今日は一房一献スペースをHOPMANウェイティングルームとして開けます。

 

17:00 OPEN

22:00 FOODラストオーダー

22:30 DRINKラストオーダー

23:00 CLOSE

今日はスタンディングではなく、椅子を用意しています。

 

今回もタマちゃんと私、田代の二人で営業します。
22時にはタマちゃんが帰っちゃって心細くなるので、是非お早めのご来店を。

ビールラインアップは三重の伊勢角屋麦酒のビール9種類を用意しました。
伊勢角屋麦酒 http://www.biyagura.jp/
定番ビールは残念ながら【ペールエール】以外は欠品とのことで【ペールエール】のみ。

他は、【はなきんセゾン】【アマリロセッションエール】【Mosaic IPA】【トリプルホップIPA】【Summer’s Beach IPA】【SNOW IPA】【インペリアルレッドエール】【マンデリンフレンチコーヒースタウト】の8種類。

このなかからHOPMAN初登場は【トリプルホップIPA】【アマリロセッションエール】【Mosaic IPA】【サマービーチIPA】。

ブルワリーさんからの案内です↓

 

 

【はなきんセゾン】

 

【きっかけ】

東京農業大学醸造科学科出身の醸造スタッフ金澤。所属していた酒類学研究室が日本の花から採取分離に成功した酵母は「農大花酵母」と名付けられ、日本酒蔵元らがつくる「花酵母研究会」で日本酒や焼酎に使われてきました。この春、ついにビールメーカーとして初めて花酵母研究会に入会を果たし、日本で初めて「農大花酵母」をビールに使用することができるようになりました。

【こだわり】

「はなきん」の由来は、「花びらからとった酵母菌のビール」という意味と、まさしく「花金」に「お疲れさま~!」と爽快に飲み干せるようなビールでもありたいと、名づけました。

上質な苦みと僅かな酸味、ハーブやスパイスを思わせる香り、ドライな味わいといった、ベルギースタイル「セゾン」ならではの特徴を残したまま、度数を下げて何杯も飲んでいただける「セッション・セゾン」に初挑戦。

本場セゾンの特徴を残しつつ飲み飽きないセゾンにするため、Styrian Goldings のハーバル・スパイシーさを軸にAmarillo ・Mosaic でジューシーで瑞々しいニュアンスを加え、味のまとまりを考慮してモルトの配合を工夫しました。

酵母は花酵母の中でも質の良い酸味が特徴の「リンゴの花酵母」を選びました。また、発酵をサポートする役割で、発酵力は高いけれど、エステルの生成が少ないSan Diego Super Yeastをピッチングのタイミングをずらして併用することにより、花酵母の特徴を出しつつ最終糖度を切りました。

【特徴】

「花酵母」と言っても、「花の香り」や「リンゴの香り」はほとんどなく、お酒の味わいや香りを引きたてる上品な風味や酸味を醸し出す酵母です。4種類のアロマホップの組み合わせによる、甘やかでみかんのような柑橘系の香りとベルギービールらしいハーブやスパイスを思わせる香り。リンゴの花酵母の生み出す上質な酸味、穏やかな苦み、それらを支えるほどよいボディとドライでクリーンな飲み心地を両立させた味わいです。

「はなきんせぞん」でお疲れ様。日々頑張る皆様を応援します!

 

 

【アマリロセッションエール】

 

☆きっかけ

アルコール度数低めでドリンカブルなセッションに、今希少な【アマリロホップ】をふんだんに使い。

残暑を乗り越えようと(笑)。 造りました^^。

☆こだわり

アマリロホップをいろんな角度から感じてもらおうと、リーフとペレットを使いました。アマリロのリーフホップは、固めで小さいコーンで、ルプリンがとても豊富です。ペレットより間接的で、優しく感じられます。フローラル、シャープなシトラスの香りが楽しめます。

☆特徴

グラスに水滴がつく頃合いのゴールド色を、口に流し込むと、まったりフローラルな香りと、リーフの青っぽさも感じさせ、優しく喉の奥まで流れます。苦味は若干控えめな30IBU。口に残ったビールからフローラルで、スッキリシャープなシトラス香も顔を出します。

 

 

【Mosaic IPA】

 

☆ きっかけ

伊勢角屋麦酒がおすすめする、ホップのキャラクターを特徴としたIPAシリーズ。

今回は、アメリカのホップ栽培取扱業者HBC社が2012年に発売した新品種ホップ「MOSAIC(モザイク)」を皆様に愉しんでいただければと、もともとホップを大量に使うスタイルのIPAに使用いたしました。

☆ こだわり

「モザイク」ホップの持つ、トロピカルフルーツ、ベリー、柑橘類など果物が熟したふくよかで甘やかな香りのほかに、ハーブや「大地の香り」など様々な香りが織り成す、複雑で奥深い特徴を引きだそうとしました。通常使用する「エール酵母」は、発酵時に洋ナシのような香りをもたらすのですが、今回はその香りをあまり出さない「サンディエゴ・スーパー・イースト」という酵母を使用し、ホップの香りに意識が集中できるようにいたしました。

☆ 特徴

グラスに注ぐと、軽やかな色合いに、「モザイク」の香りが広がります。トロピカルフルーツがふんだんに入ったフルーツケーキのようなふんわりと柔らかい香りの奥から、柑橘のドライな香りなど様々な要素が顔を出します。ほどよい甘さをともなった、滑らかで瑞々しい口当たりを、切れた味わいと6%のアルコール感が、スーッと引き締めていきます。じんわりと優しい、IPAとしてはかなり低い苦み(IBU45)の余韻が心地良く、舌がしびれるほどの苦みがない、ドライだけど味わいのある飲みやすいIPAです。

「モザイク」の個性的な香り、控えめな苦みとほどよい飲みごたえ、夏の疲れを癒すIPAです。

 

 

【Summer’s Beach IPA】

 

☆きっかけ

夏の砂浜のようにみんなの足をがっしり受け止め、みんなの足に合わせるように、いろんな形の足跡を残す。そして、ひと波が来れば、凹凸がなくフラットになる。

気に入る個所は違えど、いろんな人になじみやすく、熱いビーチでも飲めるIPA。

☆こだわり

ベースはスッキリ、フラットに^^。 そして、HOPの重ね着をしてみました。

ウオーリアの、マイルドでクリーンな感じに。

フローラルなレモンシトラスのセンテニアル。

パッションフルーツのギャラクシーとシトラがチークダンス。

そして、サマー が Summer stone fruits ドライホッピングで独得のストーンフルーツく核果類> (アプリコット)とメロンの持徴が見え隠れします。

☆特徴

フラットなボディにやさしすぎる苦味。噛みしめるように味わうと、いろんなホップが現われる。けれど、シトラスティな感じは共通している。口に含むとABV6%とこれもやさしいアルコール感が感じられ、ほんのりと香るシトラスティでパッションフルーツ香が滲み出てきます。喉元過ぎると、波が引くように味の起伏がすうーとなくなり消えていきます。。

 

 

いろいろ楽しんでいただけるよう、テイスティング用のサイズも用意いたしました。
おつまみは軽いものを何品か用意しました。
席はオールスタンディングです。
1Fと2Fでの飲み物や料理の移動はできません。

どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

ビールスタイルは多種多様、HOPMANのフードメニューも多種多様。

本日のフードメニューの案内です。

本日提供のフードメニューは全部で50品。

定番フードメニュー以外の『 日替わり 』フードメニューの中から一部をご紹介↓

 

【長芋の醤油漬け】

【長芋とオクラオクラの土佐酢和え】

【香味野菜の生春巻き】

【肉団子甘酢あんかけ】

【鮮魚と九条葱のぬた】

【白レバームース】

【パプリカと豆のチーズグリル】

【モツ煮】

【鶏トリトロ炭火炙り焼き】

【鶏せせり炭火炙り焼き】

【鶏ハツ炭火炙り焼き】

【フィレンツェ風トリッパの煮込み】

【骨付き鶏モモ肉のコンフィ】

【ラムカレー】

【カサレッチェ イカのラグーソース】

【桃のコンポート】

【ヴァイスブルスト】

 

美味しいよっ!

 

 

 

樽生ビール専門店HOPMAN、本日のビールラインアップの案内です。

 

昨日、空いたビール、3樽です↓

 

●HOPMAN“一番豆絞り”5th Anniversary Ale (うしとら)

●サッポロ黒ラベル (サッポロ)

●ハーヴェストムーン -ナツコ- 夏の小麦ビール (イクスピアリ/千葉)

 

 

本日、新たに開栓するビール、7樽↓

 

◯HOPMAN“一番豆絞り”5th Anniversary Ale (うしとら)

◯サッポロ黒ラベル (サッポロ)

◯湘南ビール サマーオレンジエール (熊澤酒造/神奈川)

◯グラジアス ヴィエナクリームエール (マイクヘス/アメリカ)

◯ジュカンダス オレンジハニーウィート (マイクヘス/アメリカ)

◯よなよなリアルエール (ヤッホー/長野)

◯東京ブラック リアルエール (ヤッホー/長野)

 

 

本日は湘南ビールの限定醸造【サマーオレンジエール】が登場です。

ブルワリーさんからの案内です↓

 

 

静岡県伊東産のニューサマーオレンジを使用した夏のフルーツエールです。

柑橘系の爽やかなフレーバーが特徴のゴールデンエールにニューサマーオレンジの果汁とピールを漬け込みました。

ニューサマーオレンジのアロマとフレーバーが全開の夏にぴったりなフルーツエールです。

 

 

是非。

さらに、マイクへスから初登場ビールが2つ。

インポーターさんからの案内です↓

 

 

Mike Hess Jucundus Orange Honey Wheat
マイクヘス ジュカンダス オレンジハニーウィート
STYLE: Wheat Ale / ABV: 6% / IBU: 24
Jucundusで暑い夏に備えよう!このビールは、1バレルにつき2.2パウンド分のオレンジの花の蜜とカリフォルニア産オレンジピールを投入した、クリスピーでライトボディのアメリカンウィートだ。複数のスパイスと共に醸造されており、スムースで柑橘系のフィニッシュを持ったがぶがぶ飲めるビールである。香りはオレンジを中心としてコリアンダー、ハニー、シトラスとイースト。口に含むとやはりオレンジが主張しており、ウィートモルト、コリアンダー、柑橘系の皮のようなフレイバーが感じ取れる。2014年のLA International Beer Competitionで、Herb and Spiceビール部門の銅賞を獲得。
Mike Hess Grazias Vienna Cream Ale
マイクヘス グラジアス ヴィエナクリームエール
STYLE: Cream Ale / ABV: 6.3% / IBU: 30
「Grazias」とはオーストリアで2番目に大きい都市であるGrazと、スペイン語のgraciasをかけた言葉である。伝統国の由緒正しいVienna lagarにひねりを加えたビールで、スムースかつモルティ、Nobleホップのバランス感が素晴らしい仕上がり。モルト由来のチョコレート、バニラ、かすかなトーストの卓越したフレイバーと、ビールの驚くほど黒みがかった色合いが、ドイツ産Nobleホップの香りに調和している。非常にクリーミーでスムースな口当たり。

 

 

こちらも是非。

本日HOPMANで提供する生ビールは36種類↓

 

◯HOPMAN“一番豆絞り”5th Anniversary Ale (うしとら)

◯サッポロ黒ラベル (サッポロ)

◯箕面ビール ピルスナー (箕面ビール/大阪)

◯ノースアイランドビール ピルスナー (SOCブルーイング/北海道)

◯富士桜高原麦酒 ピルス (富士観光開発/山梨)

◯フランダース・ベルジャン・ホワイト (アウトサイダー/山梨)

◯富士桜高原麦酒 ヴァイツェン (富士観光開発/山梨)

◯COEDO 白 -Shiro- (協同商事/埼玉)

◯富士桜高原麦酒 ラオホヴァイツェンボック (富士観光開発/山梨)

◯うしとら×UETAKE #021 夏しちゃってる☆BOY (うしとら)

◯ベルビュークリーク (ベルビュー/ベルギー)

◯ピーチ・シードル (アウトサイダー/山梨)
◯湘南ビール サマーオレンジエール (熊澤酒造/神奈川)

◯一期一会 (京都醸造/京都)

◯志賀高原ビール ミヤマブロンド (玉村本店/長野)

◯富士桜高原麦酒 ラオホ (富士観光開発/山梨)

◯グラジアス ヴィエナクリームエール (マイクヘス/アメリカ)

◯ジュカンダス オレンジハニーウィート (マイクヘス/アメリカ)

◯うしとら×UETAKE #026 モトエイカ from Gojo (うしとら)

◯ザ・カウンティーズ・ペール・エール (アウトサイダー/山梨)
◯鬼伝説 金鬼ペールエール SPリアルver (わかさいも本舗/北海道)

◯よなよなリアルエール (ヤッホー/長野)

◯COEDO 毬花 –Marihana- (協同商事/埼玉)

◯うしとら×UETAKE #022 赤苦 (うしとら)

◯バンイップ・オーストラリア・IPA (アウトサイダー/山梨)

◯ソリス オッカスス IPA (マイクヘス/アメリカ)

◯志賀高原ビール インディアンサマーセゾン (玉村本店/長野)

◯ペルニャスウィード (ガレージプロジェクト/ニュージーランド)

◯COEDO 紅赤 –Beniaka- (協同商事/埼玉)

◯東京ブラック リアルエール (ヤッホー/長野)

◯うしとら×UETAKE #032 苦そうで苦くない、ちょっと苦い黒  (うしとら)

◯志賀高原ビール MASAJI ICHIRO CHICHIBU (玉村本店/長野)

◯コエド×コロナド コエドナド Barrel Aged Versionド (協同商事/埼玉)

◯湘南ビール ウィートワイン (熊澤酒造/神奈川)

◯エルディアブロ 2013 (サンクトガーレン/神奈川)

◯さざなみ (熊澤酒造/神奈川)

 

 

ウェイティングルームで提供する生ビールは伊勢角屋麦酒9種類↓

 

伊勢角屋麦酒 (三重)

◯ペールエール

◯はなきんセゾン

◯アマリロセッションエール

◯Mosaic IPA

◯トリプルホップIPA

◯Summer’s Beach IPA

◯SNOW IPA

◯インペリアルレッドエール

◯マンデリンフレンチコーヒースタウト

 

 

 

———————————————————————————-

 

 

<HOPMANニュース>

 

8月28日(金)~30日(日)
うしとら吉田伸右×HOPMAN田代康生
【 beerbarうしとら3号店?! at 一房一献 】
8月28日(金)17時~24時。

8月29日(土)15時~23時。

8月30日(日)15時~23時。

※オールスタンディング。

 

facebook

https://www.facebook.com/events/761130873997844/

twipla

http://twipla.jp/events/158986

mixi

http://mixi.jp/view_event.pl?comm_id=5057064&id=78586569

 

 

9月8日(火)
第16回エイトマン営業
【 たこ焼きとクラフトビール エイトマン at 一房一献 】
17時~22時ラストオーダー。

 

 

———————————————————————————-

 

 

HOPMANのブログ

http://hopman.seesaa.net

 

HOPMANのfacebook

http://www.facebook.com/pages/beer-cafe-HOPMAN/187282057962480

 

HOPMANのmixiコミュニティ

http://mixi.jp/view_community.pl?id=5057064

 

TRANSPORTERでの田代のブログ

http://craftbeertransporter.com/blog-tashiro/

 

一房一献 のブログ

http://hitofusaikkon.seesaa.net/

 

 

 

初登場ビールの数がヤヴァイ。 田代

 

 

August 21st, 2015 0 comments TASHIRO

Load More Posts

Calendar

2015年August
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jul   Sep »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

FACEBOOK

TWITTER

Copyright © 2013 TRANSPORTER BEER MAGAZINE All Rights Reserved