#009 マシマシの黒

#009 マシマシの黒

ABV : 11.8%
IBU : 82
スタイル : アメリカン・インペリアルスタウト

Malt : 2Row, Meranoidin, Crystal Dark, Carafa Special Type3
Hops : Aurora Extract, Smaragd, Sorachi Ace
Yeast : San Diego Super Yeast

淡色、低アルコールなイメージの強い植竹ですが、実はインペリアルスタウト好きです。
せっかく造るならと、徹底的にエクストリームに仕上げてみました。
近頃のインペリアルスタウトの流行はとにかくドライで、時にはドライホッピングをして仕上げるほどホッピーなテイストです。
今回はあえて流行に逆らい、ずっしりとしたロースト感と甘みにフォーカスを当てて造りました。
とはいえただボディが強いだけでは面白みがありませんので、ミントやレモンを連想させるアロマが非常に特徴的な2種類のホップSmaragdとSorachi Aceをタップリと放り込みました。
冬の時期にリリースが集中するインペリアルスタウトですが、あえてこの時期にリリースしてみます。
春にじっくりと飲むインペリアルスタウトもなかなかオツではないでしょうか。

April 23rd, 2015 うしとらビール

#016 ふつぅ~のIPA

#016 ふつぅ~のIPA

ABV : 7.2%
IBU : 69
スタイル : アメリカン・IPA

Malt : Pilsner, Crystal Light
Hops : Aurora Extract, Mosaic, Summit, Chinook, Centennial
Yeast : San Diego Super Yeast

“ふつぅ~”と名づけましたが、あくまで植竹的にはというお話であり
一般的なIPAと比べるとあまり”ふつぅ~”ではありません。
当然のことながら、かなりドライに仕上げています。が、いつもの植竹スタイルよりはやや穏やかです。
カラメルモルトもいつもより多めに使い、少し甘みを感じられるような設計にしました。従って色もIPAらしい色です。
ドライなものばかり造っていると、たまにはこんな感じのIPAも造りたくなるんです。
ハーブ、松、レモン、ピーチなどを感じられるややスパイシーなアロマと切れの良い苦味。
そしてモルトの香ばしい旨味がバランスよく感じられます。
飛び抜けた個性はありませんが、ありそうで意外とない、ふつぅ~のIPAに仕上げました。

April 13th, 2015 うしとらビール

#015 Dear Summit

#015 Dear Summit

ABV : 4.9%
IBU : 26
スタイル : アメリカン・ペールエール

Malt : Pilsner
Hops : Summit
Yeast : San Diego Super Yeast

たった1種類のモルト、そしてホップで造りました。
Singl malt, Single hopで、いわゆるSmaShと呼ばれるビールですが、それは売りではありません。
あくまでもビールとしての完成度を第一に醸造しました。
通常シングルホップのビールは、ホップの個性をはっきりと感じられるようにIPAとして醸造されることが大半です。
しかし今回はあえてペールエールというスタイルで造ることにしました。
Summitはオレンジやシトラス、そしてニンニクや玉ねぎに例えられるユニークなアロマを持つホップであり
他のホップとは一線を画す、かなり個性的なフレーバーをビールに与えます。
SummitのみをつかってIPAを造ることは、ビールとしての完成度を無視することになるのではないかと考えたのです。
強いオレンジのようなアロマと、ニンニクのようなスパイシーなフレーバーが感じられ
これ以上ないほどにシンプルな原料ながら、単調ではない複雑な味わいを醸し出しています。

今後もシングルホップ”Dearシリーズ”を造ろうと考えています。
ただし、スタイルはそのホップの個性によって毎回変える予定です。
単純なホップの個性比べではなく、そんなシングルホップシリーズも良いのではないでしょうか。

April 13th, 2015 うしとらビール

#011 不惑のアンバー ~闇夜の灯火~

#011 不惑のアンバー ~闇夜の灯火~

ABV : 4.9%
IBU : 41
スタイル : アメリカン・アンバーエール

Malt : 2Row, Amber, Crystal Pils, Crystal Dark, Carafa Special Type3
Hops : Cnihook, Hersbrucker, Saphir
Yeast : San Diego Super Yeast

高円寺のビアカフェ萬感様の4周年記念醸造ビールです。
スタイルはオーナー高橋さんのご希望でアンバーエールとなりました。
しっかりと苦く、しっかりとボディを、というご希望のままにグッドバランスな仕上がりです。
アメリカンホップに加え、ドイツホップも贅沢に使用することで
シトラス感にハーバルなニュアンスが加わり心地よいアロマが感じられます。
現在のところ飲める場所は高円寺の萬感だけです!高円寺へ急げ!!

April 6th, 2015 うしとらビール

#014 まほろばウィート “Z”

#014 まほろばウィート “Z”

ABV : 5.0%
IBU : 11
スタイル : アメリカン・ウィートエール

Malt : 2Row, Wheat, CaraHell
Hops : Saphir, Citra
Yeast : San Diego Super Yeast

ご好評いただいた#002のビールを再仕込みです。
発酵度、アルコール度数の調整、ホップの使用量の見直しをして、より本来のイメージに近いものに仕上げました。
発酵度をやや抑えることにより、ウィートエールの特徴である丸みを帯びた柔らかな口当たりを表現しました。
贅沢に使用したシトラのグレープフルーツを思わせる香りと相まって、ハイドリンカビリティな仕上がりです。

April 6th, 2015 うしとらビール

#010 東京ビアウィーク×ジャパンビアパブ協会 ペールエール

#010 東京ビアウィーク×ジャパンビアパブ協会 ペールエール

ABV : 5.5%
IBU : 32
スタイル : アメリカン・ペールエール

Malt : 2Row, Crystal Pils, Crystal Dark, Melanoidin
Hops : Northern Brewer, Cascade
Yeast : San Diego Super Yeast

スタイルはアメリカンペールエールです。…
ここのところペールエールといっても、色は薄くホップは強く、どちらかと言えばIPAに近いようなアプローチのものが増えてきました。
それに従いセッションIPAやエクストラ・ペールエールなどの新しいスタイルも生れています。
ペールエールとIPAの境目が曖昧になっている今日この頃ですが、今回仕込んだのは、そういった新しいスタイルのペールエールではなくクラシカルなアメリカンペールエール。
カスケードの華やかなアロマとモルトの優しい味わいをバランスした琥珀色の美しいビール。
そして、ともすればやや時代遅れな感じもするビールでもあります。
しかしクラフトビールの歴史を語る上では絶対に外せないスタイルであることもまた事実。
50年前の偉大な音楽が未だに大きな影響を与え続けるように、良いビールに古いも新しいもありません。
先人への敬意を込めて。Cheers!

April 4th, 2015 うしとらビール

Load More Posts

Calendar

2015年April
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Mar   May »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近のコメント

    FACEBOOK

    TWITTER

    Copyright © 2013 TRANSPORTER BEER MAGAZINE All Rights Reserved