#025 下北 Calling Session IPA

11328941_843057565773965_1929724782_n

#025 下北 Calling Session IPA

ABV : 3.7%
IBU : 56
スタイル : アメリカン・セッション・IPA

Malt : Pilsner, Crystal Pils, Melanoidin
Hops : Aurora Extract, Simcoe, Hersbrucker, Motueka, Saphir
Yeast : San Diego Super Yeast

ついにきました。植竹と言えば、のセッションIPAです。
実はセッションIPAはうしとらブルワリーへ移籍する際に「造らない」と豪語していたスタイルです。
ところが、本当はIPAを造ろうとしたがモルトが足りずセッションIPAしか造れなかった、という
味わい深い事情により、やむを得ず解禁となりました。
テイストはストレートなアメリカンではなく、かなりツイストしてあります。
アメリカ産Simcoeを軸に、欧州ホップ、NZホップでアロマとフレーバーの肉付けをし
シトラス様の香りとともにフローラル、ハーバル、ミントの様なニュアンスが強く感じられます。
自分で言うのもナンですが、あまり似ているビールを飲んだことがありません。
いつもよりやや強めにボディを残すことで3%代のアルコール度数ですが水っぽくはありません。
むしろ麦芽の風味が豊かに感じられ、ホップのフレーバーと上手くバランスが取れていると思います。
IBU56という数値ほど強く苦味は感じられませんが、キリッとした切れの良い苦味はドリンカビリティをより高めています。
爽やかな飲み心地で、初夏にピッタリのビールです。
大きなグラスでゴクゴクぷぱーと飲み干すのが良いのではないでしょうか。


Calendar

2015年June
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« May   Jul »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近のコメント

    FACEBOOK

    TWITTER

    Copyright © 2013 TRANSPORTER BEER MAGAZINE All Rights Reserved