クラフトビールを飲む理由

久々にビール情報以外のポストです。

 

BEERGEEK.JPのこんな企画に乗っかってみます。

平たく言えば、多くのビール系ブロガーが同じテーマでブログを書いたらどうなるの?って企画。

今回のテーマは「私がクラフトビールを飲む理由」です。

実はこのテーマ、植竹が発案なので書かないわけにはいきません。

というわけでさっそく本題です。

 

私がクラフトビールを飲む理由とは・・・美味しいからです!

めでたし、めでたし!で終わってはさすがにみっともないので、もう少し詳しく書きます。

でも単純に美味しからってのは、シンプルにして究極の理由でもあるんですけどね。

 

植竹がクラフトビールの一番の魅力だと思うことは、多様性です。

即ち、様々なビールを、様々なブルワーが造り、そしてそれを自由に選択して飲むことができる。

人というものは、そもそも千差万別。趣味嗜好は各人バラバラなはず。

さらに食事や場所、気分などなどなどで、飲みたいビールは時により変わるのが普通だと思うのです。

残念ながら大量生産が前提の大手ビールではそういった要望に応えることはできません。

 

誤解しないでいただきたいのは、植竹は決してアンチ大手ではありません。

たまに過激は発言をすることがあるので勘違いされがちなのですが

大手がクラフトに足を突っ込むことが嫌なだけで、別にメーカーや造っているビールを嫌っている訳ではないのです。

結局大手がやろうとしていることは「少数派の中での多数派になりたい」というような

根本的には今までと同じスタンスであるように思われ、そんなことに”クラフト”という言葉を使うのに違和感を覚えます。

なぜ今クラフトビールが注目されているのか、芯の部分を理解していないような。

 

やや話が逸れましたが、つまるところ植竹は1万KLのビールを造るブルワリーが1社あるより

1000KL造るブルワリーが10社あった方がいいと考えています。

さらに言えば100KL造るブルワリーが100社の方がより良いです。

なぜなら、その多様性が生まれるからです。自ずと飲む際の選択肢も増えるわけです。

 

ファッションや食事、音楽を選ぶように、ビールも選べる自由が必要です。

その選択肢は多ければ多いほど良い。

これが私がクラフトビールを飲む理由であり、造っている理由であるかもしれません。

 

しかしながら、ブルワリーもビールを造ってビジネスをしている以上、様々なしがらみがあるもんです。

美味しいビールは自ずと需要が増えるし、供給が追いつかなくなれば規模も拡大しなければならない。

ですから別に大きなブルワリーがダメだというわけでもないんです。

ただし、そこに多様性を維持しようというスタンスが見受けられるかはとても重要。

昨年カナダを訪れた際、ピルスナーしか造っていない”クラフト”ブルワリーに出会いました。

なぜピルスナーなのか?なぜ様々なスタイルを造らないのか?

質問にブルワーはこう答えました。

「自分が一番好きなビールだから」「他のスタイルは他のブルワリーが造ってくれるから。」

シンプルにして究極の答えだと思います。そして見事なクラフトマインド。

こんなことをはっきりと言い切れるブルワーになりたい・・・。

 

ファッションや髪型から容易に想像がつくかと思いますが

そもそもとして、植竹という人間は「人と同じ」ということを極端に嫌うんですよ。

常にマイノリティでいるべし!という志向が根底にあって、今この場所に身を置いているのでしょう。

皆が飲んでいる売上No.1のビールになんて興味はありません。

まだまだ数は少ないとはいえ、もはやビールを選べる時代です。

誰の意見も気にせず、自分が好きだと思うものを選んだらいいじゃないか。

そして願わくば、もっともっと多くのビールを選べるようになってほしい。

日本San Diego化計画が、植竹の生涯の目標です。

 

あれ、なんか話が逸れてます?

なんの話しでしたっけ?あ、私がクラフトビールを飲む理由?

「誰にも強要されることなく、自由に飲むビールを選べる多様性があるから」

簡単に雑にまとめちゃいました。今宵もクラフトビールで乾杯!

 

 


Add your comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

nineteen − two =

*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Calendar

2015年June
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« May   Jul »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近のコメント

    FACEBOOK

    TWITTER

    Copyright © 2013 TRANSPORTER BEER MAGAZINE All Rights Reserved