Site Title Site Title Site Title Site Title
 
うしとらブリューイング
うしとらブリューイング 醸造主任

■ WEBSITE
http://www.coedobrewery.com/
■ FACEBOOK
http://www.facebook.com/coedobrewery/
■ Twitter
http://twitter.com/COEDOBREWERY

#054 モザイル・ペールエール

#054 モザイル・ペールエール

ABV : 5.3%
IBU : 23
スタイル : アメリカンペールエール
Malt : Pilsner, Crystal Pils, Crystal Dark
Hops : Warrior, Mosaic, Gargoyle, Simcoe
Yeast : San Diego Super Yeast

誤字ではありません。モザイ”ル”ペールエールです。
なぜモザイルなのかというと “モザ” イクとガーゴ “イル” というホップをメインで使用しているからです。
色黒、筋骨隆々のあのパフォーマンス集団とは関係ありません。
モザイクの特徴である甘みを帯びたフルーティなアロマがまず感じられ、ガーゴイルのスパイシーでややアーシィなアロマがボトムを支えます。
テイストとしてはややしっかりめのボディがあるペールエールです。
スッキリ、キレキレよりは飲み応えもありますし、寒くなってきた今日この頃にぴったりです。
いやはや、あらためてペールエールっていいですよね。飲み疲れせず、優しくおいしく召し上がれます。
ペールエールの美味しさを忘れかけたあなたにぜひ!

October 19th, 2015 うしとらビール

#053 ライブリー・エール

#053 ライブリー・エール

ABV : 4.3%
IBU : 41
スタイル : セッションIPA
Malt : Pilsner, Melanoidin, Crystal Light
Hops : Aurora Extract, Chinook, Cascade, Centennial, Amarillo, Simcoe, Hersbrucker, Styrian Golding
Yeast : San Diego Super Yeast

Lively = にぎやかな、騒々しい というような意味です。
うしとらで作ったビールで、もっともたくさんの種類のホップを使ったことが名前の由来です。
アメリカンホップとヨーロピアンホップをブレンドして使うのは、あまりメジャーではありませんが
自分としてはとても得意にしているホップの使い方です。
アメリカンホップの柑橘類やフルーツを連想させる香りに、ヨーロピアンホップのハーブ、花を連想させるような香りが合わさることで香りやテイストに奥行きが出ます。
スタイルはセッションIPAとしましたが、IPAの低アルコール版という本来のセッションIPAの立ち位置とは違ったコンセプトで作ったので名前にはあえてセッションという言葉を入れませんでした。
いつもよりもやや低めの発酵度で、ふんわりとしてやわらかな口当たりも感じられます。

October 16th, 2015 うしとらビール

#055 ファースト・インパクト

#051 ファースト・インパクト

ABV : 5.6%
IBU : 43
スタイル : ブラックIPA
Malt : Pilsner, Crystal Dark, Crystal Pils, Munich, Amber, Roast Malt, Carafa Special Type3
Hops : Aurora Extract, Simcoe, Centennial, Cascade, Sterling
Yeast : San Diego Super Yeast

ありがとう、うしとらブルワリー1周年!
おかげ様でうしとらブルワリーは初リリースから1年を迎えることができました。
一重にビールをお飲みいただいた皆様のお陰です。ありがとうございます。
1周年を記念して、以前ビアバーうしとらのハウスエールとして作られていたビールを復刻しました。
スタイルはブラックIPA。ややどっしりとした口当たりに強めのロースト感、そしてホップの鮮烈なアロマ。
記憶を辿り、以前作られていたファースト・インパクトを限りなく忠実に再現してみました。
これからもうしとらブルワリーをどうぞよろしくお願いいたします。

October 9th, 2015 うしとらビール

#051 Four “R” IPA

#051 Four “R” IPA

ABV : 6.0%
IBU : 61
スタイル : アメリカンIPA
Malt : Pilsner, Crystal Dark, Crystal Pils
Hops : Aurora Extract, Sterling, Simcoe, Amarillo, Mosaic
Yeast : San Diego Super Yeast

今までIPAから作り方を大きく変えました。
ひたすらにドライに仕上げるスタイルから、ややボディを強めに仕上げ、バランスをとるように調整してみました。
一口にIPAといっても、ブルワリーによってテイストは様々です。
今までのうしとらですととにかくドライに仕上げるのが得意だったのですが
今回は原点回帰ということで、とにかくベーシックな作りに徹しています。
そのため突出した特徴というものはないのですが、これぞ王道と言えるようなアメリカンIPAらしいIPAです。
ただ、いつも通りホップのアロマ、フレーバーはたっぷりと乗っております。柑橘全開です。
残糖の違いによるフレーバーやボディの感じ方、そしてドリンカビリティなどなど
いつものドライなIPAと比較してみると面白いかもしれません。
え?ビール名の意味ですか?いやーRの付く英単語って、たくさんありますよねぇ・・・。
Resetとか、Responseとかとかとか、そんな感じです。

October 7th, 2015 うしとらビール

#052 月読みのセゾン

#052 月読みのセゾン

ABV : 6.6%
IBU : 21
スタイル : アメリカン・セゾン

Malt : Pilsner, Munich, Melanoidin, Crystal Pils
Hops : Warrior, Saphir, Simcoe, Amarillo
Yeast : French Saison Yeast

以前発売した雨読みのセゾンと対になるビールです。
雨読みが低アルコールでイーストの作り出すフレーバーを重視したのに対して、月読みはホップのキャラクターを重視し、エステルやフェノールと共にホップの香りもかなりしっかりと乗せています。
飲み口は非常にドライで、アルコール度数を感じさせないちょっと危険な仕上がりです。
そしてこのビール、実は植竹が大好きなとあるビールへのトリビュートです。
とあるビールはバレバレだと思いますが、あのビールをイメージしつつ
自分のテイストを少し加えてツイストしてみました。
偉大なビールへ敬意をこめて。乾杯!

October 7th, 2015 うしとらビール

#050 セカンド・インパクト

#050 セカンド・インパクト

ABV : 5.6%
IBU : 27
スタイル : アメリカン・エクストラ・ペールエール

Malt : Pilsner, Munich, Wheat
Hops : Saphir, Smaragd, Chinook, Centennial
Yeast : San Diego Super Yeast

うしとらのハウスエール、セカンド・インパクトを再醸造です。
前回発売した際には一瞬にして売り切れてしまい、ハウスエールのはずがうしとらに殆どつながらなかったビールです。
また多くのお客様にご注文頂いたにも関わらず、売り切れのご報告をせねばならず大変申し訳ございませんでした。
レシピの大きな変更はありませんが、全体のバランスの見直し、アルコール度数の調整など微調整を行っています。
パイナップル、シトラスなどを連想させるフルーティな香りと、ハーバルなアロマがマッチして
ハイドリンカブルながら単調ではない奥行きを感じさせます。
今回も即完売が予想されますので、ご注文はお早めにどうぞ!

October 1st, 2015 0 comments うしとらビール

#048 ガクナシセゾン

#048 ガクナシセゾン

ABV : 4.2%
IBU : 54
スタイル : セッション・ウィート・セゾン

Malt : Pilsner, Wheat, Crystal Pils, Crystal Light
Hops : Aurora Extract, Simcoe, Citra, Amarillo, Mosaic
Yeast : French Saison Yeast

湘南ビールさんとのコラボビール第2弾です。
前回は湘南ビールさんの設備でセッションブラックセゾンを作りました。今回は白いビールです。
2社コラボのはずが、仕込みの際には某社や某社の若手ブルワーが勢揃いし、みんなでワイワイガヤガヤしながら仕込みました。
「水の化学式ってH2O2だっけ???」とか言っちゃう学の無い連中で仕込んだことがビール名の由来です。
低アルコールながら小麦由来の柔らかな口当たりと、ダブルIPA並みに贅沢にホップを使用し豪華なフレーバーを醸し出しています。
グレープフルーツを丸かじりしたような柑橘感と、セゾン酵母由来のスパイシーでフルーティなフレーバーがマッチし
ドリンカビリティは高いものの、ペラくないしっかりとした飲み応えがあります。
レシピは完全に湘南ビールの筒井君にお任せしたので、植竹レシピではありません。
レシピは筒井、設備はうしとら、仕込むのは植竹だと、仕上がりのテイストはどうなるでしょう・・・??
それは飲んでのお楽しみです!

September 22nd, 2015 0 comments うしとらビール

#049 グレフルいれちゃいました

#049 グレフルいれちゃいました

ABV : 5.2%
IBU : 25
スタイル : フルーツエール

Malt : Pilsner, Crystal Pils, Melanoidin
Hops : Summit, Saaz, Citra
Yeast : San Diego Super Yeast
Special : Grapefruit

以前にも一度作ったビールですが、大好評でしたので再度仕込みました。
ペールエールをベースに、やや強めに苦みを効かせたっぷりのグレープフルーツ果汁と共に発酵させました。
グレープフルーツの苦みや少々の渋み、そして爽やかな香りが特徴です。
ホップの苦みとグレープフルーツの苦みの境界が曖昧になるようあイメージで仕上げています。
甘みはしっかりと切り、あくまでビールらしさを失わないように気をつけました。

September 22nd, 2015 うしとらビール

#047 澪引きのウィートIPA

#047 澪引きのウィートIPA

ABV : 7.0%
IBU : 57
スタイル : アメリカン・ウィート・IPA

Malt : 2Row, Wheat, Crystal Light
Hops : Aurora Extract, Chinook, Mosaic, Cascade, Simcoe
Yeast : San Diego Super Yeast

初夏にリリースし大好評をいただいたビールをもう一度造りました。
もう一度造って欲しいというリクエストが一番多いビールだと思います。
小麦を沢山使用した新しいスタイルのIPAです。
沢山の小麦を使用することにより、通常のIPAよりも柔らかな口当たりと、少しの酸味を感じられます。
徹底的にドライな仕上げ、カラメルモルトの使用も最小限に留めることによって
小麦のビールにありがちなモッタリとした飲み口を避け、さっぱりゴクゴク飲み干せる爽快なビールとなっています。
アメリカンホップを贅沢に使用し、アロマは強いグレープフルーツ香を軸に、ピーチ、杏、ハーブなどのニュアンスも感じられます。

September 15th, 2015 うしとらビール

#046 まほろばウィート

#046 まほろばウィート

ABV : 5.0%
IBU : 9
スタイル : アメリカンウィートエール

Malt : Pilsner, Wheat, Crystal Pils
Hops : Warrior, Citra
Yeast : San Diego Super Yeast

久々に作りました。
定番のないうしとらブルワリーですが、まほろばウィートシリーズは4バッチ目です。
造るたびにご好評いただいております。定番化は無理ですが準定番のような扱いにしてゆきたいと思っています。
小麦の柔らかな口当たりと、グレープフルーツを連想されるジューシーなアロマ、クリーンでドライな飲み口は苦いビールが苦手な方から、ホップ大好きなホップヘッズまで満足いただける仕上がりです。
4バッチ目だけあって完成度が上がってきました。
自信アリのテイストです。

September 8th, 2015 うしとらビール

Load More Posts

Calendar

2018年September
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Dec    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近のコメント

    FACEBOOK

    TWITTER

    Copyright © 2013 TRANSPORTER BEER MAGAZINE All Rights Reserved