経験

先日、埼玉にあるCOEDOさんにインタビューなどいくつか取材があったのでお邪魔してきました(詳細は後日、、、、)
元々、日本のクラフトビール界を代表、牽引してきたブリュワリーのうちの一つである事は間違いないだろう『COEDO』
ここ数年でアメリカ サンデイエゴの雄バラストポイントとのコラボレーションがきっかけで海外、国内でも一気に注目を受け始めたブリュワリーでもあり、抜群の安定感を誇る瑠璃,伽羅などの全ての定番ビールも美味しいのだが、
限定商品である『ベルジャンIPA』、『ホッピーウインドセッションエール』、今回リリースされる『インペリアルIPA』と次々と話題になる商品を造り続ける理由,それがインタビューをするうちに理解が出来た。
マーケティング、プレス、ブリュワーによる情熱ももちろんだが努力と経験がいかに大事かということ、、、、
『インペリアルIPA』を試飲して思ったのがハイアルコールにしては飲みやすすぎて『危ない』と思ったのが第一印象
『危ない味』いわゆる一口飲んだらまたすぐ口に入れたくなるビールなのである。
グラスを近ずけるとホップの強烈な香りが脳に響き、口に入れると爽やかな柑橘系の香りとホップの苦みが広がり、飲み終った後には雑味は全くなく爽やかな余韻に浸れる。飲んでいる最中の鼻に抜ける爽快感と言ったら、それこそたまらない満足感が得られるであろう。

あんまり堅苦しいのはこれぐらいにしておいて、個人的に言わせれば美味しいビールと会話があれば楽しく飲めるという事、それが一番大事ではないかな。植竹さんも同じ事を言っていましたけど(笑)
P9252151

P9252146

P9252168

September 26th, 2013 TAJI

客観

友人から誕生日に頂いた新潟県燕市で造られたアルミのカップ、、、、、
『ビールを注いだ後も冷え続けるから良いと思うよ』という友人の心使いにも感謝。
早速試してみたところ確かに注いだ後グラスがキンキンになり15分くらいは冷たさをキープしていたが
ビールの味は注いだ時より若干変わっている。色も外から見ても分からないしね、、、、、
IMG_4587
ふとそこで思ったのですが、『スグ冷える』『冷たさをキープできる』という、
うたい文句は、クラフトビールには全く関係がないんではないかという事であって
味、香りもそうですが見て楽しめる透明のグラスでなくてはいけないという事は重要。
クラフトビールのスタイルによってグラスは変わる、それがクラフトビールの奥が深いところなんですかね。
最近、話題になっていたIPAグラスもそうですが
『どんどんグラスも進化していくのではないか?』
と言う予感はしていますが個人的にはパイントグラスが落ち着くのですが皆さんはどうでしょうか?

September 22nd, 2013 TAJI

衝動

先週、思いつきで久しぶりに『木曽駒ヶ岳』に登ってきました。
たまになぜかこういう衝動に駆られるんですよね、、、、
山に行くと頭はクリアーになるし、余計な事を考えずに歩き続けられるし、
P9121522
目の前の辛い道を頂上に向かって歩き続ける感覚が好きなのかも知れない。
今回はテント泊のつもりで行ったのですが、
P9121568P9121580P9121586P9121619
歩いているうちに段々と雲の流れが速くなり天候が悪くなってきたので
状況が良くないと判断し今日は雨の中テント泊はしたくなかったので、そのまま下山、、、、、、
P9121554P9121547P9121527
それにしてもやはり山登りは楽しい、、、、、

September 19th, 2013 TAJI

実感

最近は九州にクラフトビアパブが増えていると言うことで、どのように盛り上がっているのかとかなり気になっていたのですが
先日、博多に出張というチャンスが到来、早速クラフトビールが飲めるお店『BEER PADDY FUKUOKA』にお邪魔しました。
IMG_4417
ビルの3階に立地する隠れ家的なお店、店内はシンプルでいて落ち着いた雰囲気、ビールのサーバーは『POPEYE』青木さんのシステムでした。そしてビール、おつまみのラインナップもかなり良く揃っている。
IMG_4416IMG_4415
代表の田代さんともお忙しいところお話しさせて頂き色々とお聞きさせて頂きました。
楽しい時間を過ごさせて頂き有り難うございました。
田代さんとお話をして九州はこれから更にクラフトビールファンには良い環境になることまちがいないと実感、、、、、、、

September 17th, 2013 TAJI

視点

六本木にあるミッドタウン内にある富士FILM SQUAREに行ってきました。
IMG_4357
好きで購読している『TRANSIT』の写真展
カメラマンの感性や視点も素晴らしいし『やはり旅っていいですね』と思わせる展示が良かった。
写真から伝わる人間と自然のパワフルなパワー、、、、、吸収してきました。

September 11th, 2013 TAJI

コラボ

コラボレーション、、、、、、
『コラボ』
HFB-logo-w-txt-red-orange
海外でで言えば、個人的に大好きなHill Fermstead breweryのコラボレーションが最近は話題に、、、、LUCも参加してます>

といった海外では当たり前のように!?というより定番化してしまった
ブリュワリー同士の『コラボ』は、技術を見せ合う事でお互い良い技術を提供し、高め、勉強し、
切磋琢磨していくという素晴らしい事。
最近、良い事に日本でも盛んになってきた気がしないでもないです。
日本では

志賀高原ビール×ベアードブリューイング
ノースアイランド×COEDO

など現在進行中のブリュワリーもありますが、どこのブリュワリーも質の良いビールを
造っているところばかり!こういった新しい試み、、、、、
今後も楽しみです。

September 10th, 2013 TAJI

魅力

ted,,,,
image-2
久々に涙を流しながら大声で笑った気がする。
世界中で愛されているテデイベアという
『かわいい』人形ではなく、
人形に人間の魂が宿った無茶苦茶なクマ?と言ったほうが正しいかな
見た目のイメージとは違い、タバコやビールをガンガン飲み、女の子をはべらかせ悪い事をして暴言を吐くクマは衝撃的で笑えます。
話は変わって、見た目とは違った中身といえばビールも同じです。例えば色の違いだけで味の判断は出来ません、今は種類も多様で匂い、味だけでもなかなか見分けられないのもあると思います。定義があるのですが一言でいえばジャンル分け出来なくなってきている多種多様なクラフトビール、
Ted21

、、、、魅力的です。

September 9th, 2013 TAJI

ツールの使い方次第

植竹氏的視点をパクりまして今回のブログは田嶋的視点でいこうかと思います。
堅苦しい話は嫌いなのでそのあたりはご勘弁を、、、、、

ttl2
先日、TSUTAYAで『ボーンズブリケート』というスケボーのDVDを借りて見ました。
懐かしい、、、、、
小学生の頃の80年代、スケボーブームが到来、そして自分もどんどんのめり込み、当時は今のようにネット環境などなく情報がなかなか手に入らない時代でした。読めない英語の雑誌を渋谷のタワーレコードで買いあさり、憧れのスケーターにちかずきたたいのと同じような格好をする為に、スケボー界で伝説的な原宿にあったSHOP『ストーミー』に入り浸り、T-SHIRTや、ステッカー、VANSなどの靴を買い、生の情報を仕入れ、個性やスタイルを造る事が楽しくてしょうがなかったこと、アメリカへの憧れを今でも鮮明に覚えている。
中学時代はサッカー部で丸坊主だったが部活とファッションに没頭し続け、
それから高校を卒業してから幸運な事に憧れのアメリカへバイトの関係で行く事になり、まず初めにオレゴン州、ポートランド、MTフッド、ベンド、MTバチュラー、で1ヶ月間滞在。
なにもかも目に入るもの体験する事が凄すぎて、楽しすぎて興奮する毎日を送り、
日本には無い服と靴を買い漁り満足し、こずかい稼ぎの感覚で日本で販売、そして貯金をしてアメリカへの繰り返しでした。
今現在、ファッションという分野の仕事をさせてもらっているのも
当時の色々な影響を受けた経験のお陰。

今の時代は当時と違って情報を手に入れるのが簡単になってしまい、それを手に入れる為に時間を費やしたり、行動する事、一生懸命になる事が余りないですよね。良い事も悪い事も何でもネットで情報が流れてしまうような世の中なので、体験したり実際にモノを見て触ったりしなくても実際に聞いたり体験したような感覚に陥る事が多いのではないかと思う、やはりツールの使い方次第ですかね。
個性があるクラフトビールも同じ事、、、、、
やはり生の情報が一番ですよね。実際にビアパブやクラフトビールの工場に見学に行き、現場の話を聞いて自分で解釈して皆に伝えることも重要、そして皆で楽しんで美味しいビールを目、耳、鼻、喉など全ての嗅覚を使って堪能して欲しいものです。
IMG_4314
この写真は自分の大好きなスケーター『ロドニーミューレン』
『オーリー』という画期的な飛ぶ技を造った人物。
当時の彼の苦悩はドキュメンタリーで見ることが出来るが、この人なしでは今のスケートボードの発展はなかったであろう。

September 6th, 2013 TAJI

TRANSPORTER 的視点

お詫びのお知らせ。
諸事情のため『TRANSPORTER的視点』
イベントですが
11月10日(日)に変更となりました。
その日にお休みをとって頂いた方々誠に申し訳ありませんでした。延期した分内容は濃くなっております。お楽しみに!

『TRANSPORTER的視点』ですが
両国『POPEYE』でビールイベント開催決定致しました。
詳細はまだ発表できませんが一部のみご報告。
時間は昼過ぎから夕方まで
ビールのラインナップですが
今回はスペシャルビール多数!
TRANSPORTER×ブリューイング×POPEYEとのトリプルコラボレーションビール発売。
TRANSPORTER×ブリューイングのビールも他にも出す予定となっております。
まだまだ増えるかもしれませんね。
よろしくお願い致します。

『TRANSPORTER的視点』
日時 : 2013年 11月10日(日)

場所 : 両国POPEYE

時間 : 未定(昼から夕方まで)

料金 :未定ですがチケット制

ビールですがクラフト初心者から上級者まで満足が出来るラインナップになる予定です。
コラボレーションビールも現在4種類醸造中、、、、(もっと増えるかも。)

*ブリュワーさんなどのトークあり映像ありとまだまだ企画中

POPEYE
東京都墨田区両国2-18-7
TEL 03-3633-2120

TRANSPORTER
http://craftbeertransporter.com/

September 1st, 2013 TAJI

Load More Posts

Calendar

2013年September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
« Aug   Oct »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

FACEBOOK

TWITTER

Copyright © 2013 TRANSPORTER BEER MAGAZINE All Rights Reserved