のっかってみました

『私がクラフトビールを飲む理由』という題名,
なかなかそういった事を思った事がなかったので『独断と偏見』という名の個人的見解でほんの少しだけ書いてみようかと思います。

自分がクラフトビールを飲み始めたのは多分15年前位、確か当時アメリカを旅行中、スーパーマーケットで見た目のインパクトで買ったローグの『デッドガイエール』を飲んだのが始まり、衝撃を受けたのを今でも覚えている、それから毎年2、3度アメリカに旅行には行っていたのだが色々な味を知りたいと毎回違うラベルのビールを購入していき、知らない味を知りたいからと言う理由で美味しいし、なんとなく購入していた。10年前かなニューヨーク、ベッドフォードにに20日間滞在する機会があり、それだけ長い期間居ると、やる事というか毎日を過ごすのに何かをしようと昼間は美術館に行ったり街をあるいたり夜は毎晩PARTYしてブルックリンラガーばかり飲むといった毎日同じ生活を繰り返していたのだが、当時、居候をさせてもらってた金ちゃんに『そんなにビールが好きだったら近くにBREWERYが出来たみたいだから行ってみれば?』との話を聞き暇だから行ってみようと行ったのが『SIX POINT BREWERY』だった。
そこで工場見学をさせて貰ったのだが10分程ですぐスタッフと意気投合、
彼らの色々な味をチャレンジしているスタイル(当時はベルジャンIPAなど衝撃過ぎてビビった、、、)や
『他のブリュワリーで美味しいのがあるから一緒に飲もうぜ』
と言われて工場のオフィスでファウンダースなど色々と飲ませてもらったビールなど、全てのクリエイティブな味が衝撃的すぎて、、、、、
こんなにBREWERYあるんだとかこんなに種類が多いんだ、ビアパブはこんなにあるんだとか色々と教わり、
そこで思ったのが
『良いビールは尊敬されるし楽しさは勿論、人を幸せにする』
『味の想像が出来てそれを実行するのだが常にチャレンジ』
といったポジティブな考えが凄く良くて
当時の自分にとって職業は違えども考え方においてはかなりの影響を受けた。

今でも変わらないかなそれは、、、、

PS
まだまだ書きたいのだが長くなりそうなので割愛。
これが飲む理由。

時が経った今でも
知らない人、仲間とビールを飲む時の
『期待感』
『新しい発見』
『楽しさ』
『衝撃』
『出会い』
が一番好きな瞬間だし

アミューズメントパークに行くようにクラフトビールを酒屋で買う、ビアパブに行く、といった本質は変わらないかな。

なので

これだけは言える。

クラフトビールはエンターテインメントだ!!!!!!

June 12th, 2015 TAJI

Load More Posts

Calendar

2015年June
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
« May   Aug »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

FACEBOOK

TWITTER

Copyright © 2013 TRANSPORTER BEER MAGAZINE All Rights Reserved