BURTON ON TRENT DAY 3.3

BURTON ON TRENT へ到着後、駅から街中へ歩いているとずっとビールのタンクが見えている景色を歩く
PC066749

Molson Coors UKの本社がある街でもある

PC066750

PC066745

PC066743
歩いている途中もPUBだらけ。
どこも雰囲気がいいので入ろうとするがまずは目的のPUB迄と思いながら、
飲みたいのを我慢しながら歩く

IMG_2790
IMG_2791
時間は13時くらいでしたが街中は余り人がおらず、、、、
IMG_2789
何気なく入ってみると蛍光色の作業着があるお店、そういえば歩いている人結構きていたな、自転車に乗っている人なんかも、と思いベストを購入(約800円くらい)
PC066748

駅から歩いて15分くらいかな、ようやく到着!1件目はココ
PC066756
BURTON BRIDGE BREWERY

December 29th, 2015 TAJI

LONDON DAY 3

早朝、ホテルをチェックアウトしてバスに乗りST PANCRAS駅へ。
IMG_2761
隣の駅はKINGS CROSS
IMG_2762
構内はクリスマス一色、ココでも気分を盛り上げてくれます。
IMG_2765
CAMDENTOWNのビールなんかもあります
PC066738
とりあえず、クロワッサンとカプチーノ(この組合わせにハマっています)
電車に乗る前にビールを購入、旅を盛り上げてくれるアイテム。
今回はYOUNG`S BITTER
PC066735
PC066733
ここから電車で2時間の旅.車内はかなり快適でした。
(補足ですが電車の時間帯により値段が違うのでネットなどで予約する事をお勧めします、自分はこのサイトで購入。かなり安く買えました、DERBY往復で1万くらい)https://www.raileurope.com/index.html)
IMG_2962IMG_2961
DERBYの駅に到着
IMG_2941
HOTELにチェックイン後、移動、、、
遂にペールエールの発祥の地、ある意味本当の聖地へと向かう事に。
IMG_2786

IMG_2787

December 29th, 2015 TAJI

LONDON DAY 2.5

IMG_2702
地下鉄に乗り移動、
IMG_2703
ココからはパブクロール開始、ロンドンブリッジ駅を降りて
PC056670
まずはThe Rakeから,
マネージャー Jenciとは日本であった以来の再会。ロンドンのビールシーンを詳しく教えてもらいました。
(木内洋一さん、安藤耕平さん有り難うございました)
がココはLONDON滞在中毎日きていたので今回は割愛(笑)。
PC066675
(店内の壁にはHITACHINO NEST 木内洋一さんのサインがあります)

続いてJenciお勧めのCAMDEN TOWNにある
IMG_2729
CAMDENTOWN BREWERYへ、丁度今話題となっていますがバドワイザーに買収されたとの事、
残念ですが。
PC066698
ココのビールのポテンシャルは凄く良かった、LONDONの新しいブリュワリーの中でもグンを抜いていてTAP ROOMの雰囲気、デザインコンセプト、マーケティングなどしっかりとしている。勿論肝心のビールはヘレス、ペールエール共ドイツ、アメリカに影響を受けているのが分かるビールを作っている、どちらかと言うと味はイングリッシュでは無くアメリカン。
PC066701

IMG_2732

PC066710

まだまだ行きます、お次はEUSTON TAP
まさかの歴史的名建築物を利用したTAP ROOM 対面には同じ建物でサイダーハウスになっていました、懐広すぎるなイギリス人。
PC066714
ここでは20TAPのKEGと8種類のCASKのラインナップ。
IMG_2737
それにしてもこれだけのCASKのラインナップ、本当にうらやましい環境。
IMG_2741

IMG_2742
KEGは日本でもおなじみのラグニタスから最近面白い MAGICROCK BREWINGまでをラインナップ、KEGではMAGIC ROCKのSIMPLETONを飲んでみる。

ALC3%でこのテイスト、、、、うーんかなり良いっ。

考えさせられます。日本もこういうの増えたら良いのに。

CASKはSIREN CRAFT BREWがトータル的によかった、、、ALC5%だいでこのくらいしっかりとした味が出るとは、、、綺麗でいて結構ガッツリ感のあるビール、恐れ入りました、しかしここのBREWERYは要チェックですね、次回はTAP ROOM行きたいと思います。

EUSTON TAP店内の雰囲気は写真を見ての通り、かなりイケテマス。
PC066719PC066716

December 22nd, 2015 TAJI

LONDON DAY 2

2日目の朝、時差ボケではないが4時起床8時迄メール、スカイプでの日本との対応を済ませてから外出、LONDONではバスと言うイメージが勝手にあったのでバスでの移動、
IMG_2643
とりあえず2階の座席にのる、
IMG_2644

BRICK LANE STを散歩しウロウロ、
アンンティークマーケットにきたのだが週末にしかやっていない事が判明、下調べしとけば、、、、、
IMG_2648
気を取り直してコーヒーでも飲もうという事に。
IMG_2653

IMG_2650
朝からクロワッサンとカプチーノ、なんだか優雅な朝。日本では最近してないなこういう朝食と時間。

コーヒーを飲んだら元気が出たからと言う訳ではないがこの日は観光しようということに決定。
IMG_2662
テムズ川沿いのビックベンを見る。
IMG_2658
観光客で人が凄い、自分も同じか(笑)
IMG_2666
続いてバッキンガム宮殿!
IMG_2671

IMG_2675

IMG_2677
ココも交代式の時間だけに人だらけ!とにかく人混みが苦手な自分には1時間以上は居れず、、、、
すぐ移動。因に冬の間は2日に1回しかやっていないらしい、
今日はついてるな。
IMG_2681
そのまま歩きで30分程、VICTORIA&ALBERT MUSIUMに到着
IMG_2700
お目当てのアレキサンダーマックイーンのエキシビジョンが、、、、、、
終ってしまったらしいが気を取り直して
IMG_2684

IMG_2685

IMG_2687

IMG_2691
ミケランジェロなど素晴らしい美術品を堪能、洋服の歴史なども見れたしこれはこれで満足、それにしてもこれが全て無料で見られるとは少々びっくり。
イギリス人の美術品への親しみやすさや重要性がよくわかります、、、、、

December 22nd, 2015 TAJI

LONDON DAY 1 、5

LONDON FIELDSからHOTELに帰る途中,色々と見ていると気になった事が、、、
床屋が夜になると人でごったがえしている、、、、
何故か分からないがLONDON滞在中それはどこも同じらしい、、、、
IMG_2602
FISH&TIPSのお店もマクドナルドばりにあらゆるところにあるし、これもお国柄ですかね、そんな事を経験するだけで楽しい。
IMG_2601
歩いているとBOTTLE SHOP発見、そういえばネットで見たことがあると思っていたので丁度よかった。
IMG_2610
『MOTHER KELLY`S BOTTLE SHOP』

http://motherkellys.co.uk/bottle-shop-e9/
このお店ではローカルのクラフトビールからアメリカ、ヨーロッパのクラフトを集めたお店、グラウラーで持ち帰るのも魅力的。
IMG_2611IMG_2613IMG_2612IMG_2614
自分はマジックロックなどローカルのボトルビール(1本600円前後)を数本買いましたが、ここまでラインナップが凄いと悩みますね。流石にアメリカのビールはアメリカで買うより1、5倍〜2倍位、値段もかかりますが
日本では買えないものも沢山あるのでそれを考えればお得か、、、、日本でおなじみのCOEDO,HITACHINO NESTもしっかりとありましたし、ブルックリン、ラグニタスはかなり流通しているみたい。どこのお店にもゲストビールあったしね。

ここでボトルビールを買ってしまったのでHOTELでなにかつまもうとFISH&TIPSを購入
IMG_2615
お店で待っている人が多い店に決めて、これで7ポンド(1300円位)
兎に角量が多い、ポテトも魚(COD)も,,,,
IMG_2616

このままHOTELに戻り寝酒は2種類
大手ビールのCARLING BREWERY(1、5ポンド位)
クラフトビールのPRESSURE DROP BREWING(3ポンド位)
はHACKNEYのローカルビール、この辺り最近クラフトビールの醸造所増えているみたいです。
LONDON初日から期待以上に美味しいビールに何個かありつけました、、、、イギリスのエール文化のオリジナルの底力を見たきがする、、、、
クラシックから新しいもの迄。
IMG_2754

December 17th, 2015 TAJI

LONDON DAY 1

今回、出張と言うなのイギリス7日間の旅。
内容はかなり良い結果に、想像以上に素晴らしい出会いや体験をしてきました。
イギリスのペールエ−ル文化やはり奥が深いです。
その内容を何回かに分けてお届けしようと思っています、まずは1日目からどうぞ!

1日目
{成田ーロンドン}
ブリティッシュエアウエイズの直行便で約13時間、ヒースロー空港に到着。
空港から直結している地下鉄に乗って宿泊のEASTのHOTELに向かったのですが交通手段は何種類かあり
地下鉄だと約1時間位でロンドンセントラル周辺には着きます。

注意!必ず地下鉄に乗る前はオイスターカードを入手して下さい。
(日本のsuicaと同じ物で電車の乗り降りに便利ですし現金で払うよりオイスターカードでの支払いが断然安いです)

(ヒースローエクスプレスだとPADDINGTONE駅まで15分〜30分、
ヒースローコネクトだとPADDINGTONE駅30分位)
詳しくは https://www.heathrowconnect.com/home 参照

自分は時間には余裕があったので安い地下鉄にしましたが帰国後思ったのですがヒースローエクスプレスが10ポンド位だったのでそちらのほうが良かったかなと思いました。

HOTELに到着後、荷物を置き、この日は予定も無く完全にノープランだったのっでとりあえず周辺を歩く事に。
意外とあるもんですね、歩くとPUBが、、、と言うより日本の居酒屋感覚だと思うのですが歩いてるとすぐ見つかります(笑)
IMG_2600 
『THE EAGLE』
IMG_2599

PC056626

PC056622
写真を見ると分かってもらえると思うのですが、
銘柄は全部大手ビールだったのですがこのへんはおかまいなしに気にせず飲んでいこうと思っていたので
JOHN SMITHS EXTRA SMOOTH(パイント3.8ポンド)をチョイス。
ALC3.6%というアルコールの低さのなか、ゆるいボディの中にもしっかりとしたモルトの甘みが感じられ全体のバランスもよくサクサクと飲めるのだがしっかりとした満足感もある。
うーんやはり日本で以前飲んだ味とかなり違うと実感、いい感じで美味しい。とりあえずパブスクロール!だと意気込んで1杯でココは終了。

20分程歩いて、LONDON FIELDS BREWERYへ到着.

PC056639
ココのブリュワリーはロンドンでも新しいブリュワリーの一つ、ハックニー地区にあります。
TAP ROOMに併設されたブリュワリーではホームブリューイング(自家醸造)の教室があったり、ブリュワリ−ツアー(要予約)あったり、他も地域に密着としたイベントや取り組みを数多くしているらしい、規模も小さく完全なるクラフトな会社でした。

IMG_2608

PC056635

PC056638

PC056634

1杯目はHOP STAR ALC4.2%(CASK ver)
ペールエール(カスク)、モルトの甘さは主張しすぎずホップのキャラクターがしっかりとしていて、柑橘の香りが華やか、ボディは意外としっかりとしていてアメリカンビールに影響を受けて作っていると思われるがホップの使い方、味わいも『やりすぎない感』がありバランスは良い、個人的にはかなりヒット。

2杯目名前は忘れたのですがWHEAT BEER(CASK ver)
ウイート(カスク)、ウイート感はほんのりと感じられた程度でしたがこちらもホップの香りが強い、独特なウイートビール。

3杯目はSHOREDITCH TRAIANGLE IPA ALC6%(CASK ver)
IPA(カスク)、ペールエールと比べると甘みより苦みが強く香りがハッキリと出ていて味もしっかりとしているが優しい味、バランスは凄く良い。
アメリカンに比べるとキレが物足りないかもしれないけどこれはこれでハッキリと良いと言えるIPA.

4杯目はEASY IPA(CASK Ver)
IPA(カスク)苦みがあるがキレがあるのでスパイス感がほんのりと後から来る感じが良い味わいのあるビール。

全体的に思ったのがアメリカビールに影響を受けているブリュワリーですが『やり過ぎてない』優しいビールとCASKで提供もしているのが特徴だと思いました。
『KEG OR CASK』選べるのは嬉しい。(日本ではCASKは余り種類も無く提供している場所も少ないので飲めない)これが今現在のロンドンでのビール提供スタイルですかね、
個人的にはココはかなり良いと思います、LONDONに来たら必ず来て欲しいブリュワリーの一つですね。ビールもTAP ROOMもスタイル全体がイケてます。

LONDON FIELDS BREWER http://londonfieldsbrewery.co.uk/

December 14th, 2015 TAJI

TOKYO BEER WEEK 2016 説明会開催

もう来年のイベントの準備がスタート、、、、、、、
2015よりも規模が大きくなる事間違いないようですが、TRANSPORTERでも仕掛けていこうと思っております。
皆様、お誘い合わせの上、ご参加お待ちしております。東京から世界へ発信するこのクラフトビールイベント、
年に1回というお祭りをみんなで
盛り上げようじゃありませんか。

『東京ビアウィーク2016』2016年 4月15日(金) 〜 24日(日)

東京ビアウィーク2016 参加説明会
日程
12/08(火) 15:00〜17:00
参加費
無料
場所
cafe 104.5
東京都千代田区神田淡路町2-101 ワテラスタワー2F
http://www.cafe1045.com/access/

title

December 1st, 2015 TAJI

Load More Posts

Calendar

2015年December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
« Nov   Feb »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

FACEBOOK

TWITTER

Copyright © 2013 TRANSPORTER BEER MAGAZINE All Rights Reserved