分かりやすい味

新年から約3週間、最近良く聞かれるのは『今年クラフトビールどうなりますかね?』『今後は?』更に『流行りは落ち着いたんですかね?』の言葉が多い。
まずは、今日本では流行ってもいないし落ち着いてもいないと言う事、
日本にもクラフトビールカルチャーが根付く道はまだまだ始まったばかり。
1年を通しても夏の間にビール関連としてクラフトビールはメディア(TV/雑誌/WEB)に毎年でるが
それはビールの中でもひときわバラエティが豊かな『クラフト』なモノとして特集などをしてくれているので
実は大手のラガー、ピルスナー以外のほうが面白いんではないかと言う事をうたってくれていると思いたい(笑)、
読んだ、見た人たちは飲んだ事はないと言う人も多いと思う、いやかなり多いと思います。
そういった人達に対して興味を持つかもしれない様な記事を書いてくれる事についてはありがたいの一言、
僕は1年中特集して欲しいです。
それきっかけで飲めば絶対に違いが分かるしね(笑)

少しそれてしまいましたが結果的には季節限定のTV/記事と言う事だったり
『クラフト』というキーワードが『流行り』?でかたずけられている気がしないでもないかなと、
なのでまだ流行ってないですこれからです!

世間には普通のビールは『ビール=夏』というイメージも少なからずとしてあるかもしれないが、
クラフトビールは違う、季節ごとに色々な種類を出しているし
(例えば夏には飲みやすくて軽いセッションIPA系やフルーツビール、冬にはバーレーワインやバレルエイジド系,ダブルIPAといったハイアルコール類をリリースしている)
で兎に角、種類が多くバラエティが豊でありビールが飲めない人でも楽しめるモノが多いので
一旦このビールにハマるとリピート率が高い。

やはり大量生産は良いのですがピルスナーやラガービールといったメーカーの味の分別が
あまり出来ずらいビールを世の中に出すとやはり一般の人には逆に分かりずらいと思う。
同じに見られるとマーケティングや値段だけのイメージで買う人が多くなるし。

飲んだ瞬間『これは違う!』と言ったビールのほうが
飲んだ人には認知されやすいはずで記憶にも残りやすい。
今後は『こだわりの味』というより『分かりやすい味』の時代にシフトしている事をきずいていかないといけない時代なのかもしれない。
(大手メーカー、流通業者や売り場さん、頑張ってクラフト枠増やして下さい!ストロング系におされていますよ笑)

やはり僕はクラフトファンであり値段はそれ相応の価値があると思っているし、高くても安くてもその価値さえ分かればそれを手に入れたいし
そういったこだわりの時代はもう来ているので少量生産も大量生産もいいが、なにかが違うと思える美味しいビールが飲みたい
ただそれだけなのです。


今後はどうなるか編


Transporter January 21st, 2018 0 comments TAJI

Calendar

2018年July
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
« Jun    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

FACEBOOK

TWITTER

Copyright © 2013 TRANSPORTER BEER MAGAZINE All Rights Reserved