TRANSPORTER BEERMAGAZINE5周年


4月5日でトランスポータービアマガジン創刊5周年!

そういえばトランスポーターを始めようと思ったのが2012年の10月か11月位でしたかね、

今でも曖昧ですが笑

きっかけは当時、ベアード直営店中目黒TAPROOMで飲んでいる時に当時マネージャーだった鳴岡クン
(現在タイヨウ酒場オーナー)

と話をしていて『日本人向けのクラフトビールマガジン無いから田嶋さんやってみれば?』

と言われた時に勢いで『やろうかな』と言ってから始まりました、

その時よく考えてみたらJAPAN BEER TIMESはバイリンガルで英語と日本語だったし確かに日本語に特化したマガジンはないなと思い、

すぐ頭を切り替えて次の日に構想を練ったのを今でも覚えています。

その時他に2種の仕事を抱えていたので他の仕事に迷惑をかけないように努力はしていたのですがですがやっぱり迷惑をかけながらも、

しょうがないとスタッフに他の仕事の手伝いなどをしてもらい、

約半年かけて広告の営業まわり、手探りでの取材、デザインなど1人でこなし、

ようやく2013年4月5日にTRANSPORTER BEER MAGAZINE発行イベントを下記店舗さんにて

麦雑雑穀工房さんとTRANSPORTER BEER MAGAZINE(ダッチョ)のコラボレーションビール

『MAD SCIENIST』APPLE GINGER WEIZENのお披露目も兼ねて行なわせて頂きました。


東京では
POPEYEさん、

うしとらさん、

DEVIL CRAFTさん、

WATERINGHOLEさん、

中目黒TAP ROOMさん、

VIVO!さん。

神奈川では

HOPMANさん

大阪では

eni-bruさん、

本当に有難うございました、今でもこのイベントがあったからこそだと思っております。

当時、一度もお会いした事なかったにも関わらず快くOKを頂きました

eni-bru西尾さんにも深く感謝しております。

コラボレーションビールを一緒に造って頂きました麦雑穀工房鈴木夫妻、

レシピを一緒に造ってくれたダッチョも本当に有難うございます。

そのイベントも様々な人達に支えられて無事終了するも、

既に発行されたマガジンは初回3000部、誤字脱字が多く個人的には完璧でない事に

悔しくてしかたがなくそれを忘れず教訓として今でも続けています!

その約1年後に編集長として白石達磨(現風乗りメリー)、

デザイナーの珠ちゃんが入ってきたら誌面もガラリと変わり(その時には発行部数7000部)

記事のクオリティが格段と上がり年4回の発行が出来るまでになりました(現在発行部数10000部)

本当に読者の皆様、広告主様のお陰でもあるのですが、

当時の編集長白石達磨、デザイナー珠ちゃんの努力に本当に感謝です。

現在はTRANSPORTER編集チームとしてSHOUNEN RYO,珠ちゃん、自分と

3人で誌面を造り上げています

ここまで来れたのも皆様のお陰です、本当に感謝です。

始めるきっかけをくれたクラフトビール、鳴岡クンにも感謝です。

最後にいつも あ り が と う ご ざ い ま す !

クラフトビールみんな好きですか?

僕は大好きです。

発行人田嶋 伸浩

PS 
海外に進出を本格的に行ないます!まずはソウルです!
詳しくは追ってお話をしますがTRANSPORTER BEER MAGAZINE S KOREAがスタートします!

雑誌DAYTONAとのコラボレーション企画BREWBASEでのクラフトビール販売を6月に本格的に始動します!


Calendar

2018年December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
« Oct    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

FACEBOOK

TWITTER

Copyright © 2013 TRANSPORTER BEER MAGAZINE All Rights Reserved