USA CANNON BALL 2018 DAY 4 MIAMI-Charleston

車中泊の朝は早くこの日は4時に起き4時半に出発、約8時間かけてサウスキャロライナ州のチャールストンを目指す、

毎日のルーティーンも馴れてきて朝、ガソリンを入れる、1リットルのコーヒーを買う、と言った事が当たり前のようになってきた。

チャールストンの街は南北戦争や港町で有名だがSCスタイルのBBQ&クラフトビール会社も多くここで1日を過ごそうと車はショッピングモールに停車しておいて
昼過ぎからバスで動く事に。行動範囲が狭い地域ではバス、徒歩、ウーバーが多いのですが今回はバス中心で行動していたのですがそれが失敗、、、、
今回は何もなく無事に終えたのですがなんとなく怖い思いは多く、いわゆるゲットーな地域と言われるノースチャールストンエリアにバスが何回も停まり、分けの分からない事を話すおじさんやら、若い子に絡まられそうになったりとするのはよくあったりするのですが今回は危険を感じたという、、、、バスに乗ってる時はもう酔いは冷めましたね笑


(明るいうちは安全です。)

まずは
Commonhouse Aleworks
比較的新しいブルワリーですがヘイジー系のペールエールが評価が高いのだがクリームエールビールが定番とこのあたりでも珍しいブルワリー。
ウイート系のビールはかなり好印象、クリームエールも美味しい。
*この辺りは治安はよく、近くに会ったBBQを買ってココでビールを飲むのもアリかもしれない。

LO-Fi Brewing
あたりは工場地域でなにもないエリアだがその中の工場の中にあるブルワリー。
缶がメインで持ち帰りのお客さんが多いのかな、その場でも飲めるが種類が少なく2種類しかなかったが現在は4種類はあるみたい。
ラガー、ブルベリーを使ったウイートとどちらも個性が出てて飲みやすく、クリーミー。
それにしても缶のデザインもカラフルで面白い。
*このあたりは治安悪いです

Revelry Brewing Co
この辺りのブルワリーレストランでも規模が大きかったかな、この辺りも住宅街と言う訳ではないけど若者が急に沢山いるので正直驚いたのだが
ビールは普通だったかな、IPA系はイマイチでクリームエール、ウイート系、ブロンドなどがおすすめ、そういえばどこいってもクリームエールを出してるブルワリーが多い。


The Hold by Revelry Brewing
先程のブルワリーのサワー醸造所兼TAPROOM
歩いて1分位のところにある落ち着いた雰囲気の場所でこの周辺のサワーの中ではピカイチだったな、ブレンドセンスが良かったです。

Lewis Barbecue
BBQ大国テキサス州オースティンでもあまりにも有名なLa Barbecueのオーナーが始めたBBQハウス、
プルドポーク、ブリスケット、10種類以上もあるローカルビールとの組み合わせは抜群でした

Fatty’s Beer Works
IPA,ヘイジー系がこの日は多く、どれもこれもあまりキレが無くモルト感重視のビールばかり。個人的にはイマイチでした。
ですがヘイジー系は評価は高いみたいですね。

Munkle Brewing co.

ベルジャン系のビール中心で、飲んだ中でもブロンド、ウイートはかなり良かったですがベルジャンダブルはあまり出来が良くなかったかな、、、、、

Rusty Bull Brewing Co.
最後に来たお店が大当たり。
香りがヘイジー色強いのにクリアーなウエストコーストスタイルのIPAから本当に濁っているヘイジーまでどれもバラエティにとんだビールばかりで良かった。
個人的にはヘイジーなビールと言うよりウエストコーストIPAの味に甘い香りが好きらしい事にきずいた。


Calendar

2019年May
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
« Apr    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

FACEBOOK

TWITTER

Copyright © 2013 TRANSPORTER BEER MAGAZINE All Rights Reserved