transporter

CANNONBALL 2021 にっぽん編 in宮城 – 福島編

TRANSPORTER BEER MAGAZINE No.31(2021)

2022年 04月 14日 12時 22分 投稿 24 Views
今回はなんと日本のブルワリーを巡る旅。 べつに一人じゃなくてもいいんじゃないかと思う、 友達と行ったほうが楽しい? この旅を計画する時からのワクワクが止まらず、 旅を始めると計画通りにいかないし 行き当たりばったりでいて 人との出会いやドキドキを楽しむ。

DAY5

世界文化遺産の街 平泉

中尊寺

とうとう旅も中盤に差し掛かってきました、キャノンボールも残り僅か?と言ったところでしょうか。

 クラフトビールばかりも良いけどやっぱり観光もしないとね、と言う事でせっかく近くに来たのだから平泉までいく事に。世界文化遺産で有名な中尊寺。奥州藤原氏三代が造営したという歴史の教科書にも出るぐらい有名でしょうか。平安時代の美術、工芸、建築、書跡、絵画、工芸、彫刻と様々な貴重なものが見れ、中でもぴっかぴかな金箔が貼られた金色堂を始め、多くの文化財とふれ合う事が出来ます。因に近くにある毛越寺もぜひ訪れてみて下さい、今回は時間の都合上いく事が出来なかったので残念ですがまた来る理由が1つ増えました。

■中尊寺

〒029-4102 岩手県西磐井郡平泉町平泉衣関202

TEL: 0191-46-2211

https://www.chusonji.or.jp/

茶屋でクラフトビール&コーヒーはいかがですか?

The BREWERS HIRAIZUMI

先程の中尊寺を訪れる際に車を停めた駐車場前にある『The BREWERS HIRAIZUMI』。ここはいわて蔵ビールさんと気仙沼のアンカーコーヒーさんがコラボレーションしたお店、いわゆるビアカフェ、ですかね。香り高いスペシャリティーコーヒー、また香りと味わいを重視するクラフトビール、地元の食材を活かし地域の食文化を推奨するフードの数々がラインナップ!

旅の疲れをここで癒すのも良し、コーヒー、ビールに酔うのも良し、ですかね。

■ The BREWERS HIRAIZUMI

〒029-4102 岩手県西磐井郡平泉町平泉衣

関34-13

TEL: 0191-34-4044

人生を豊かにする飲み物を作る伝承の技とつながり!

いわて蔵ビール

24 軒目、東北魂プロジェクト発起人の一人だけではなく東北のクラフトビールを牽引しているいわて蔵ビールさんへ突入です。朝早いにも関わらず相変わらず爽やかな笑顔で向かえて頂きました。佐藤航さんにご挨拶をしてから醸造長の後藤さんに案内してもらいました。

 元々は日本酒で有名な世嬉の一酒造さんですが1995 年からクラフトビールを醸造しているこれまたクラフトビール業界でも歴史が深く老舗と言える醸造所。ビールは地域の食材をビールに活用し、陸前高田の牡蠣を使用して醸造するオイスタースタウト、山椒の実をホップの代わりに使用したジャパニーズハーブエール山椒など有名ですよね。世界的に評価を受けているのです。造り手の想いも強く。いわて蔵ビールがお客様一人一人の喜びの瞬間を彩る、新しい美味しさの発見やビールがつなぐ人の輪など、いわて蔵ビールを通して感じて欲しい、そんなビール造りを心がけていると言う。飲んだ人同士をつなぐ、造り手と飲み手をつなぐ、そして原料を製造する人と飲み手など、さまざまな「つながり」を生むビール。なんて素晴らしい。

■いわて蔵ビール

〒021-0885 岩手県一関市田村町5-42

https://sekinoichi.co.jp/


仙台に到着!

仙台は意外と知られていませんが?クラフトビールを飲める店が多くて1日じゃ廻りきれないので困るんですよね。どこに行くか悩む?笑ですがHOTEL でゆっくりしている時間はありません。すぐ移動開始!

 

宮城の食を楽しむならここ!

伊達な仙台炉端 強次朗

まずは腹ごしらえと言う事と、仙台で美味しいものを食べたいと言う事で。クラフトビールはありませんが(笑)『伊達な強次郎』へ。ここではビールと刺身等などを頂く事に。うまーい!宮城の山の幸、海の幸で大満足。仙台駅近くなので使い勝手もいいっのでオススメです!

■伊達な仙台炉端 強次朗

〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央1丁

目-8-38 AK ビル9F

TEL: 022-722-6446

https://kyo-group.jp/kyojiro/index.html

 

エスニック料理とクラフトビール

麦酒食堂3F-22

 次に向かうは『麦酒食堂3F -22』。イタリアンやエスニックとのフュージョン料理とクラフトビールのお店。個人的にはカオマンガイとクラフトビールで1杯!が最高です。

■麦酒食堂3F-22

〒980-0802 宮城県仙台市青葉区二日町

14-10 八百吉 ビル3F

TEL: 022-302-7933

https://www.bakusyusyokudou.com

 

肉×クラフトビール

クラフトビアマーケット仙台

 国分町アンバーロンドから歩いて10m ぐらいにあるクラフトビアマーケット国分町店。都内で展開するクラフトビアマーケットさんの仙台店。肉と東北のクラフトビールから海外のクラフトビールを中心に集めたお店で僕は毎回何故かフライドポテトを頼んでしまうんですよね。クラフトビールと抜群に合いますしね、個人的にはその組み合わせが一押しです!

■クラフトビアマーケット仙台 国分町

〒980-0803 宮城県仙台市青葉区国分町2丁目1-12

TEL: 022-796-6366

https://www.craftbeermarket.jp/sendaikokubuncho/

 

全部濃い

アンバーロンド

オーナーの田村くんが店の前の道でお出迎え。彼は仙台でクラフトビールを盛り上げている内の一人で、ミッケラーやドイツビール、はたまた地元のビールまで幅広く広めている人。あれっ?待ってましたと言われてビックリでしたがエレベーターを使い2階へ。ここではこだわりのビールがズラリ。まずは田村君にオススメを聞くのが良いでしょう。そして気仙沼BLACK TIDE BREWING のラガーDAYS OVER を頂く事に。しっかりとした飲み応えのあるビールでホッピーでした、、、、、、

■アンバーロンド

〒980-0803 宮城県仙台市青葉区国分町2

丁目5-7 YS51 ビル 2F

TEL: 022-211-5686

https://r.gnavi.co.jp/t244000/

 

仙台に酔いたい夜に!

BAROCK

 こちら雰囲気が凄く良いBAR のBARROCK。ウイスキー、カクテルなども良いですがクラフトビールも置いてあります!今回はBLACK TIDE BREWING ということで美味しく頂きましたー。一言で言うとお洒落!そんな感じです。

■ BAROCK

〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央1 丁

目8-32

TEL: 022-211-4128

http://hb-company.com/barock/

 

ベルギービールの聖地でありゴッドファーザーでもある

ダボス

 仙台にあります、全国的にも有名なベルギービール専門店。その名もダボス!マスターの人柄も良くてお客さんも全国から集まって来るみたいです。仙台に行くと毎回行くのですがいつもお通しで出て来るフードがうまい。もちろんビールも美味しいですけど笑。こだわりのベルギービール&マスターに会うのをお勧めします!いつも勉強になります。

■ダボス

〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町1

丁目6-19 壱番館ビル B1F

TEL: 022-211-6816

http://www.dabos.biz/

 

大衆酒場×クラフトビール

GOOD BEER MARKET ENN 一番町店

 仙台は歩いて酔いをさましながら移動する事がオススメ!次に向かうは『GOOD BEER SHOP ENN』。オーナーが良いと思った国産クラフトビールを飲めるお店なのですが新しいジャンルのビールより定番と言えるビールが良いんだよね〜と好きなものしか提供していない自信ありなお店。オススメの伊勢角屋麦酒さんを飲みましたが、飲みやすくておいし〜。

■ GOOD BEER MARKET ENN 一番町店

〒980-0011 宮城県仙台市青葉区国分町1

丁目6-1 ルナパーク一番町ビルB1

TEL: 050-5487-2529

https://enn-ichibancho.gorp.jp/

 

定番は大事ですよね

大衆酒場ビートル仙台

 東京でも展開しているもろ大衆酒場でクラフトビールが飲めるビートルの仙台店。ハムカツとクラフトビール!間違いありません。それにしてもいつもパンパンで活気あるなあ。

■大衆酒場ビートル仙台

〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央3丁

目2-16 第2Mk ビル 1 階

TEL: 022-302-6366

 

イタリアン ×クラフトビール

クラフトマンSENDAI

 東北のビールを中心に31TAP も飲めるこだわりのお店『クラフトマンSENDAI』。イタリアのフードがずらり揃っていて食事も出来るしビールも飲めるしで最高です。ピザとソーセージ、クラフトビールの組み合わせがベスト!地元愛が強く東北のビール会社を集めたイベントもよくやっているので東北のビールを飲むならここに来るのが良いかもしれませんね。

■クラフトマンSENDAI

〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央2丁目2-38

TEL: 022-797-8431

https://craftsman-sendai.com


DAY6

蔵王山麓の雪解け水を使用

仙南クラフトビール

 朝から二日酔いもなく温泉にゆっくりと浸かり、サウナで水風呂を4回程繰り返し、身体を整えてから移動開始!意外とサウナにハマってるんですよね笑。

 仙台市から南下する事、車で約1時間ちょいで25 軒目、仙南クラフトビール到着!アポ無しの突入にも関わらずいつもと同様のご対応、岡くんありがとうございました。ビールはジャーマンスタイルが中心でそういえば東北はジャーマンスタイルのブルワリーが多かったなあ。ビールを醸造するにあたりこだわりも多く蔵王山麓の「水」を使用。ミネラルをバランスよく含んだ自然水。麦芽はヨーロッパ産のものを厳選して使用。ホップはアメリカ、ドイツやチェコ、イギリスなどから取り寄せ、種類毎に使い分けると言う徹底ぶり。定番のピルスナー、スタウト、古代米エール、ヴァイツェンからアメリカンホップを効かせた限定ビールまで幅広く特にオススメはピルスナー!グビグビ行けちゃう!今後も楽しみなブルワリー。因にここではレストランも併設しているのでビールを飲みながらソーセージや肉類などガッツリご飯も食べちゃえます!

■仙南クラフトビール

 仙南シンケンファクトリー

宮城県角田市角田流197-4

TEL: 0224-61-1150

http://www.ja-miyagisennan.jp/einou/1417.html

 

持続可能な社会づくりを目指す

ホップガーデンブルワリー

 ここからは少しのロングドライブ。常磐道を南下、海沿いを走り抜け、また西側の山の方に向かう。高速道路を降りてから1時間弱ですかね、26 軒目ホップガーデンブルワリーに到着。丁度、ボトリング作業でお忙しいところご案内頂きました。醸造長の武石さんと大島さんをパシャリ!このエリアは東日本大震災の影響で一時避難地区となり、ほぼ休眠状態となってしまっていた福島県田村市の公共施設「グリーンパーク都路」を一部改修し作られたみたいで、コンセプトは、「緑とホップの風が感じられるブルワリー」。施設内には、ホップ畑もあり収穫から実際にビールを飲むところまで体験出来ると言う。丁度行った時に1、2 回目の仕込みのビールが出来上がったところでナイスタイミングでなんとかビールを購入する事が出来ました!味はと言うとモルトの甘みが心地よい、ABUKUMA RED RYE IPA がオススメ!ゆっくり飲むのにいいですねー。

■ホップガーデンブルワリー  (株)ホップジャパン

〒963-4702 福島県田村市都路町岩井沢北向185-6 グリーンパーク都路内

TEL:0247-61-5330 FAX:0247-61-5331

https://hopjapan.com/

     

その他の記事