transporter

CANNONBALL 2021 にっぽん編 in 栃木 – 福島 – 山形 – 秋田

TRANSPORTER BEER MAGAZINE No.29(2021)

2022年 11月 14日 10時 01分 投稿 41 Views
今回はなんと日本のブルワリーを巡る旅。 べつに一人じゃなくてもいいんじゃないかと思う、友達と行ったほうが楽しい? この旅を計画する時からのワクワクが止まらず、旅を始めると計画通りにいかないし 行き当たりばったりでいて人との出会いやドキドキを楽しむ。

DAY1

全員集合!!

うしとらBrewery

 車で東北道を北上してみようということで、1 日目は東京から山形までの道のりを寄り道しながらですかね。計画通りに行こうとすると滞在時間が少なくなる、まあそんな事は走り出してから忘れてましたとさ。首都高の朝の大渋滞を抜け車で1時間半程で栃木県下野市にある『うしとらブルワリー』に到着。9時頃のアポ無し訪門にも関わらずビックリした表情で優しく説明して頂きました。虎渡さんご対応有難うございました。丁度仕込みの最中だったのでラッキーとばかり見せてもらい。( あんまり造るところを見る機会なんてないですからね。) 幸先が良いスタートが切れました。

 『うしとら』さんと言えば『ふざけたり遊びを本気でする』と、楽しみながら作っているというコンセプトがインパクトありますよね。個人的にはグビグビッと飲みやすいドリンカブルなビールが多いのも特徴。ハイアルコールでも飲みやすい!!危険なビールを造る会社とでも言っておきましょうか!?笑

 下北沢に壱号店、弐号店があるのですが、最近、渋谷のこれまた話題の『ミヤシタパーク』ノース3F に三号店目となる直営店『うしとら STAND』も出来て絶好調なご様子。まだ行っていない人達は必ず行くべし。

■うしとらbrewery

web site : https://www.facebook.com/ushitorabrewery/

web store : https://ushitorabrewery.stores.jp/

お問い合わせmail : ushitorabrewery@gmail.com

■うしとらSTAND

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6 丁目20-10 MIYASHITA PARK North3F

TEL: 03-6427-3390

https://mitsui-shopping-park.com/urban/miyashita/store/1568863.html

餃子とビール

ブルーマジック

2 軒目は宇都宮市内にある『ブルーマジック』さんへ。ここは店舗に醸造所が併設しているいわゆる『Brew Pub』なんです。ビールは常時10種類以上は提供されていて常に新鮮なビールを飲む事が出来ます。宇都宮と言えば餃子が有名。『ブルーマジック』では持ち込み自由との事で餃子を持ち込んで”ビールで流し込むっ” なんて事も出来ちゃいます。毎回クリエイティブにとんだビールが飲める事も特徴で変態ブルワーの中尾さんのビールをゆっくりご堪能ください

■ブルーマジック

〒320-0801 栃木県宇都宮市池上町3-8

TEL: 028-307-0971

 

道の駅にブルワリー!?

道の駅うつのみや ろまんちっく村

 3 軒目は宇都宮インターチェンジからほど近い『道の駅うつのみや ろまんちっく村』にあるブルワリー。道の駅にブルワリー!?と思う方もいると思いますがあるんです。地元の野菜、食材などを提供する農産物直売所や温泉、 農場、遊び場、レストラン、宿泊施設なども併設されているのでここでビールを飲みながら1 日ゆっくりするのもアリかと。まずはろまんちっく村クラフトブルワリーに突入。瓶詰めをしているブルワーさんをちらちらと見ながら醸造所内を見学。ヘッドブルワーの吉清さんに丁寧に説明して頂き、どのように作られているかなどを細かく教えてもらう。こちらのビールは地元農林業の振興、地産地消を推進し宇都宮産の麦芽を使用していて、毎シーズン作られる季節を感じられるビールもそれと同様地元のものを使っているらしく徹底した地産地消を目指したビール作り、、、、日光の山椒を使った山椒がぴりりと爽やかに効いていて味もお見事でした。醸造所に併設されている『麦の楽園』で生ビールを飲めます!帰りには農産物直売所の『あおぞら館』に立ち寄り、野菜も買いたいなと思いつつも旅は始まったばかりなのでフレッシュホップビールとハジカミエールを購入。吉清さん色々と有難うございました!

■道の駅うつのみや ろまんちっく村

ろまんちっく村クラフトブルワリー

〒321-2118 栃木県宇都宮市新里町丙254 番地

TEL:028-665-8800

https://www.romanticmura.com/

 

森林の中の醸造所

那須高原ビール

 4 軒目は那須IC から1分の『那須高原ビール』にお邪魔しました。緑に囲まれた森林の中に醸造所とレストランが併設しており、秋に訪れた為肌寒い気温でしたが夏だったらテラスでビールを飲んだら最高だろうなあと勝手に想像したりして。社長の小山田さんは不在でしたが、アポ無しにも関わらず対応して頂いたスタッフの皆様には感謝です。

 個人的にはスコティッシュエールが凄くお気に入りなのですがやはりココと言えばビンテージの『ナインテイルドフォックス』1998年ものから2020 年ものまで販売しているので必ずお試しあれーと言ったところでしょう。お値段も少々はりまして『高いっ』て思う人も居るかもかもしれませんがそれ以上の価値はあります。

■那須高原ビール

〒325-0001 栃木県那須郡那須町大字高久3986-44

TEL: 0287-62-8958

http://www.nasukohgenbeer.co.jp/

 

元はホームブルワー

ハイランドポートブルワリー

 5軒目は白河市隣接の西郷村にある『ハイランドポートブルワリー』。ぱっと見ですがペンション?と思わせる佇まいでしたがドアを開けると1階はクラフトビール、天然酵母のパンと焼き菓子を販売しているお店になっていて、醸造所は家の裏手にありました。庭と家の雰囲気が海外のブルワリーに来た雰囲気にさせて頂いて、木の下でビールを飲んだら気持ちいいだろーなーとか想像したりするくらい良い場所。最近はジャパングレードビアアワーズ2020 でラガー、スタウト、ヴァイツェンで賞を取ったのもあり要注目の様ですが、たまたま醸造所にブルワーの大谷さんが居たのでアポ無し取材に突入。それにしても綺麗な醸造所内は見ていて気持ちがいいですね。彼は元ホームブルワーで趣味で作っていたビールを職業としてしまったらしい。なかなかそんな事は出来ないですねなんて話しながらもなんともうらやましい限り。100 リットルの釜から造り出されるビールはどれも紳士的でいて豪快!でした。

■カフェ お家パン オブ ハイランドポート ブルワリー

〒961-8061 福島県西白河郡西郷村大字小田倉字大平131番地3

TEL/FAX 0248-25-7461

E-mai: ouchipanof@rc5.so-net.ne.jp

https://www.cafeof.com

 

直火の釜で仕込むBeer

米沢ジャックスブルワリー

 7 軒目は山形県に突入!米沢市にある『米沢ジャックスブルワリー』。山の麓にぽつんと佇む鉄工所の中にありました。オーナー&ブルワーの槇山さんに案内され醸造所内に入ったのですがあらビックリ。煮沸釜がガスバーナーの上にあるではないですか。ベルギーでは直火の釜はたまに見られるのですが日本で見られるなんてビックリ。毎回500リットル以上のビールを自分で作った釜を使って仕込んだりするそうです(溶接はお手の物ですとは本人の談)。それもクレーンで吊上げたりと簡単な作業では無さそうですが簡単に話をされていておかしくなりました笑。醸造所内に醸造設備、使うものなどがほとんどが手作りらしいです。最近ではジャパングレードビアアワーズ2020 で賞をいくつも取り注目を浴びる存在となっているようですが、本人は普通に『作りたいものを作っている』との事でブレないそういった強い意思がこのようなビールを造るんだなと思ったりもして。鉄工所で働きながらもビールを作り続ける、好きじゃなきゃ出来ないですね、本当に。最後におススメビールは?と聞くと選べないので全部!と言う事です。

■米沢ジャックスブルワリー 槙山秀都

〒992-1461 山形県米沢市大字李山5471

TEL:0238-33-9558

https://jacks-beer.com/

まるでドイツ

みちのく福島路ビール

6軒目は福島市にある『福島路ビール』アンナガーデンと言うドイツの街並を感じさせる敷地の中に醸造所とTAP ROOM が併設されていました。醸造所内で作業していた吉田さんを捕まえて笑色々とお話を聞くことに。家族経営の醸造所と言う事もあり、皆忙しそうに動いていましたが、最近は醸造のほとんどの行程を一人でやられているとの事、かなりパワフルです!ビールもこだわりジャーマンスタイルを貫きながらも地元のフルーツやお米なども使い新しいビールを造り続けていてチャレンジ精神も忘れない良いビールばかり。工場に併設してあるTAP ROOM では生ビールはもとよりソーセージなども食べられるし、持ち帰りに瓶ビールも買えるので車で是非立ち寄ってもらいたい場所です。自分はピーチエールとシードルを購入。ドライバーは飲んじゃ駄目よ

■みちのく福島路ビール

〒960-2156 福島県福島市荒井横塚3-182

TEL: 024-593-5859

http://www.f-beer.com/


夜の山形ハシゴ酒S t a r t

時間も18時をまわったところでホテルに到着。荷物を部屋に投げ込みコンビニに駆け込んでビールを購入。飲みながらホテルのロビーで待っていると、山形出身の元AQ, 元うしとらブルワリーのナルさん登場。今夜は彼のアテンドで色々とまわります。

THE ARCHIGRAM British Pub

山形飲みクロール1 軒目は『THE ARCHIGRAM British Pub』。ここではハートランドをUK パイントで!普段はクラフトビールも多く取り扱いがあるみたいですが今はコロナの影響でクラフトはタップマルシェのみの提供との事でした。

■ THE ARCHIGRAM British Pub

〒990-0031 山形県山形市十日町2 丁目1-35

TEL: 023-622-7570

https://www.facebook.com/thearchigram/

 

やきとり小柳

 2 軒目は『やきとり小柳』ナルさんもうプッシュのお店ですが焼き鳥は勿論ですが焼きとん、最高でした。ぷりぷりのもつ串がたまらなくて何本もいけちゃうヤツです、それにしても1本130円、、、安くてうまい!個人的にはトロットロの豚足がベスト!ハイボール3 杯、チューハイ2杯、生ビール1杯とやり過ぎた感はありますが酒が進むいいお店でした。

■やきとり小柳

〒990-0039 山形県山形市香澄町1 丁目9-6

TEL: 023-633-6711

山形の夜をひたすらハシゴ酒

BEER STORAGE

3 軒目は『BEER STORAGE』ヨーロッパ&アメリカンクラフトビール専門店で店長高田さんのこだわりが光るお店。当日はOXBOW が繋がっていたのでサワーをパイントで乾杯!それにしても山形でこれを飲めるなんて感激です。元々このお店は高田さんが東京の大学に通っていた学生の頃に、ベルギービールを飲んでその感動が忘れられず地元に戻りベルギービールを広めたいとこのお店を開いたという経緯があり。CHIMAY のビンテージビールだとか知識が深くて勉強になりました!

■ BEER STORAGE

〒990-0042 山形県山形市七日町2 丁目7-30

TEL: 023-625-2232

http://www.beerstorage.jp/

 

立ち飲み

4軒目は『立ち飲み 円』ナルさん曰く山形市内には立ち飲みが珍しいらしくここはおススメ!との事で一杯目は生ビール、二杯目からはお店のお姉さんに勧められるがまま地元の日本酒を数杯と、、、、銘柄を忘れました。お通しの大根おろしとなめたけとおまけでくれた漬け物が美味いっ。酒が進み過ぎたのは言うまでもなく、、、、

■立ち飲み 円

〒990-0039 山形県山形市香澄町1 丁目6-1

TEL: 090-6222-1474

 

The Romp

5軒目は山形駅近くにある『The Romp』。ブリティッシュパブと言う事で1杯目はギネスをチョイス。代表の古澤さんと話す事が出来色々と市内のクラフトビールシーンの話をちらほらと聞く事が出来たのですが、普段はクラフトビールを数種おいてあるけどコロナの時期はお客さんが減ったので今は控えているとのこと、、、、。2杯目はおススメのカクテルを頂きここでナルさんとのクロールは終了。最後なんとなくしか覚えていませんでした、、、、、、

■ The Romp

〒990-0039 山形県山形市香澄町1 丁目7-1

藤田ビル2F

TEL: 023-674-6678

https://en-gage.net/romp_kyujin


DAY2

温泉宿で飲める

天童ブルワリー

 8軒目は天童市にある『天童ブルワリー』。グーグルマップで調べて行ったのですが地図に出ている場所がブルワリーではない、、、。看板がないと言う事でウロウロとしてしまったのですがありました!これは分かりにくので皆様お気をつけ下さい。

 ブルワリーは天童温泉の旅館『桜桃の花湯坊いちらく』と言う温泉宿泊施設の庭から見える位置にあり、女将の佐藤さんに話を聞くと、湯宿の旦那衆が作っており、季節のフルーツビールや土地のモノを使ったビールを宿泊しているお客様に提供しているとの事。温泉に入ってすぐビールが飲めるっなんて素晴らしいと想像してしまいました。このビール天童市内でしかほぼ出回っていないらしくかなり貴重なビールとの事です。自分が行った時はピルスナーベースの『SOBA DRY』がありこちらを購入して飲んだのですが蕎麦感たっぷり!湯あがりに飲みたいなあ。

■天童ブルワリー

〒994-0025 山形県天童市鎌田本町2 丁目2-21
TEL: 023-654-3311
https://brewery-tendo.business.site/

 

将棋センターのブルワリー

Brewlab.108

 9軒目は将棋センター内に新しく出来たばかりの『Brewlab.108 ブリューラボトウハチ』。天童ブルワリーからの紹介で来たのですが、ブリュワリーには人がおらず話を聞く事が出来なかったのですが、将棋センターの人に話を聞くと週末しか居ないとの事でお話を聞く事が出来ず残念。

■ Brewlab.108

山形県天童市大字久野本字日光1273番地の2 将棋むら天童タワー内
TEL: 023-653-3222
Mail: info@shogimura.com

 

ショッピングセンター吉田

10 軒目は山形市内にある『ショッピングセンター吉田』。山形牛、米沢牛などを中心としたお肉が豊富なスーパーなのですがここが凄いんですね〜。#狂ったスーパーというのはこのようなスーパーなのですね。

 常時人気のクラフトビールが30 種以上あってビックリ。バイヤーのおねえさんもクラフトビールが好き過ぎて仙台まで行って飲む事もしょっちゅうだそう。そんな『クラフトビール愛』素敵です。店内にはバーベキューガーデンなるものがあり、スーパーで購入した肉類、魚介類、野菜類、お酒など店内で購入したものなら全て持ち込みOK で大人1時間350 円で焼き焼きしながらビールを飲めます!

■ショッピングセンター吉田

〒990-0827 山形県山形市城南町3 丁目7-40
TEL: 023-644-5629
http://yoshidameat.com/

 

蔵のブルワリー

羽後麦酒

 11 軒目は秋田県羽後町にある『羽後麦酒』。代表の鈴木さんとビアパブであって意気投合。早速行ってみると本人は不在でしたが、丁度仕込み最中ということでブリュワーにお話を聞く事が出来て大満足。外は3℃と肌寒い気温でしたが醸造内は湯気が立ちこみ暖かい。100 リットルの釜で丹誠込めて作られたセゾンスタイルのビールが美味しかったです。

■羽後麦酒

〒012-1131 秋田県雄勝郡羽後町西馬音内字本町109 旧みそ蔵棟
TEL: 0183-56-7890
Email:ugobakushu@outlook.jp
https://www.facebook.com/ugobakushu/

 

道の駅十文字 まめでらが〜

 12 軒目は道の駅十文字。横手焼きそばで有名な横手市に、クラフトビールが沢山おいてある道の駅があるという情報を仕入れたので急遽行ってみました。道の駅にクラフトビール?というと地ビール=町や県内のビールなんてイメージしかなかったのですが、入っていくと普通の地元の野菜や食べ物など食材やお土産物が売られているスペースが広がっているその奥の一角になんと、、、、クラフトビールもどっさり。あまりの違和感に笑ってしまいました。宇宙、WEST COAST などがずらりと勢揃い。タイミングよくマネージャーの谷藤さんがいたので突撃インタビューをしてしまいました。聞けば聞く程クラフトビール愛が強く、こちらもよく仙台に言ってクラフトの生ビールを飲みにいくとの事。ここまでの品揃いがあるとは思いませんでしたが思い込みはいけませんよね。間違いなく東北だけではなく日本でも有数の#狂った道の駅かと思われます笑

■道の駅十文字 まめでらが〜

〒019-0529 秋田県横手市十文字町字海道下21-4
TEL: 0182-23-9320
https://mamederaga.com/

 

チャレンジという革新

田沢湖ビール

 13 軒目は田沢湖ビール。田沢湖というとケルシュが一番好きなのですがやっぱり『アルト』ですかね。最近ではドラゴンハーブヴァイスではないでしょうか!『ゴホンと言えば龍角散』でおなじみの龍角散とのコラボビールはかなり衝撃でしたし昔から伝統的なビールを作っているイメージでしたがチャレンジも忘れないのは流石です。工場長の佐々木さんにはお忙しいところ色々とお話を聞く事が出来ました。田沢湖ビールが産まれた経緯は、田沢湖ビール初代工場長「小松勝久」は元々ホテルマンという。食事をしながらも飲める、お腹がいっぱいになり過ぎないビールを探していた中で、多種多様な味わい・香りのある「ドイツビール」と出会い、すぐさまドイツへ修行に行きビール造りを学んだと言う。素晴らしい、伝統的なビールが田沢湖にあります。

■田沢湖ビール
〒014-1113 秋田県仙北市田沢湖卒田早稲田430 田沢湖ビール
TEL: 0187-44-3988
https://beer.warabi.or.jp/

 

伝統的でいて芸術!

秋田あくらビール

 14 軒目はあくらビール。個人的にはあくらビールと言えば何故かIPA とラガーの会社と言う勝手なイメージもあったのですが、訪れてからのイメージはガラリと変わる。醸造長の長谷川さんにご挨拶。工場を見せてもらい驚きの連続でした。あれっ?タンクの上が開いている、、オープンファンメーター仕様となっていて創業時からずっとだそう。タジマさん知らなかったんですか?知らなかったです笑。これを使ってIPA もHAZY IPA も仕込んでますとの事で凄いな素晴らしいなと感動。伝統的なドイツスタイルを守りつつアメリカンなビールも造るなんて、まるで東海岸にあるブルワリーみたいだと頭の中で交差してしました。いやあ見れて本当に良かった。隣にはレストラン、工場の上にはカフェを併設。あくらビールの全てとドイツの雰囲気が堪能出来るので飲みのがしなく〜。

■秋田あくらビール
〒010-0921 秋田県秋田市大町1 丁目2-40
TEL: 018-862-1841
https://www.aqula.co.jp/

 

ビアカフェあくら

 あくらビール工場の2階にあるドイツ気分を丸丸味わえるお店。当日は限定ビールの『柚子レモンヘイジーIPA』を飲んだのですがグラスもweizen で使うグラスを仕様。ヘイジーってこのグラスで飲んだほうが美味いんじゃないかと改めて再発見。伝統とヘイジーなんて最高です。

■ビアカフェあくら
〒010-0921 秋田県秋田市大町1 丁目2-40
TEL: 018-864-0141
https://www.aqula.co.jp/wp/bierkaffee-aqula

 

セゾン美味しいですねぇ

BREWCCOLY

 15 軒目はBREWCCOLY。併設されたTAP ROOM にお邪魔すると東京は西小山にある『タイヨウ酒場』のT-shirt を来ているひと発見。実はオーナーでブルワーの筒井さんでしたが、東京には良く来られるとの事でお気に入りのお店なんですよ〜と緩いお話からスタート、思わず2度見してしまいましたが高尾ビール代表の池田さんが飲んでいたので2 度ビックリ、こんな引きの出会いもあるんですねえということで醸造内の見学をさせて頂きました。元々は大好きな『うしとら』さんで修行してからの独立ということで「うしとらイズム』は受け継いでいましたね。2杯程飲まさせて頂いたのですがセゾン美味しいですね〜。秋田に来たらこちらも必ず来るべし。

■ BREWCCOLY
〒010-0001 秋田県秋田市中通三丁目4 番27 号 パークハイツ中通1階101
TEL: 090-7930-3127
https://www.facebook.com/BREWCCOLY.BEER/

 

 

いい感じお姉さん

お食事処律子

 『酒場戸隠』に行く途中にあった『律子』。いい感じの雰囲気を出している提灯をくぐると入って1秒でやっぱり正解。お姉さんいい感じです。つきだしで出てきたトンブリと山芋の組み合わせが最高でしたが何故か勧められるがままワインを注文。日本酒飲みたかった気がしてたのは気のせいでしょうか?笑。次に煮込みを頼むとこれまた正解!ワインとも合うし、おススメ通りでよかったと言う事で楽しい一時を過ごさせてもらいました。

■お食事処律子
所在地: 〒010-0921 秋田県秋田市大町1 丁目6-47
TEL: 018-867-1013

 

秋田の酒場と言えばココです

酒場戸隠

 あくらビール長谷川さんに勧められた『酒場戸隠』。入り口からして日本酒と秋田料理のお店と思いきや、クラフトビールが缶瓶を入れると10 種類以上取り扱い!フードも何を頼んでいいかわからない程魅力的なものばかりでしたが、〆サバとおススメの鶏ザンギ、ビールはBLACK TIDEBREWING のヘイジーをチョイス。やっぱりホッとしますよね〜地の物とクラフトビール!オーナーの三浦さんともお話が出来て色々と良くしてもらい、そして三浦さんのクラフトビール愛は素敵でした!秋田に来たらここに来ないと後悔しますよ。食もカルチャーも全て体験出来ます!

■酒場戸隠
〒010-0951 秋田県秋田市山王2 丁目7-29シティパレス秋田壱号館2 階
TEL: 018-863-8699

秋田の夜に熱いビール談義

BEER FLIGHT

 『酒場戸隠』の系列店『BEER FLIGHT』に到着。9TAP 海外と日本のビールを取り揃えていて西海岸のビールが多くラインナップ。聞いてみるとマネージャーの佐藤さんはサンディゴに住んでたのもあり自分の影響を受けたビールばかりを取り揃えてるんだそう。説得力がありますよね。冬にも関わらずビールのトークが熱いので秋田に来た際は必ず話を聞くべし!

■ BEER FLIGHT
〒010-0011 秋田県秋田市南通亀の町4-15
TEL: 018-838-4773

 

     

その他の記事