transporter

AMERICAN BEER COLUMN #1 スーパーマーケット編

2022年 11月 14日 10時 03分 投稿 26 Views
 弊社がアメリカのクラフトビールの取扱いを始めて10 年。私自身は緑に染まるアイルランドの酒類輸入業者として奔走していたところを急に舵を切って始まったアメリカとの10 年。10 年前はまだ巷でも「アメリカクラフトビール」のポジションが「その他諸国」だったとき、そして私は酒類業界は知っていてもアメリカは初心者。
そんな私がアメリカに特化した輸入業者として、また、アメリカ食文化情報を発信するために選んだアメリカでの新生活。アメリカのクラフトビール業界を「訪れる」のではなく、「生活の中にある」食文化としてのビールシーンを探して今回は東海岸NY を探訪した。

 アメリカのスーパーマーケットは私の大好きな空間。特に好きなのは「Wegmans」。NY を中心に東海岸のみしかないが正に「大人の遊園地」。デリ類から生鮮食品、日用品までありとあらゆる生活用品が揃うのは普通のスーパーだが、それぞれのアイテムのダイナミックさが違う。中でも惣菜は卓越していて、その辺のお店よりもかなりおいしくてリーズナブル。(しかもスーパーなのでチップ不要! )ゴージャスなローストビーフやジューシーさが伝わるチキンがシェフ帽をかぶった人によってサービングされ、店内の窯で作られたいい香りのバゲットに挟んでサンドイッチを作ってもらうコーナーの傍らで、日本語は話さないアジア系寿司職人が鉄火巻きからスパイシーカリフォルニアロールまで目の前で作ってパックに入れてくれる。ある意味フードコートのようでありながら、最後はスーパーなので野菜やティッシュペーパーを買う人に混ざりながらレジでお会計。店内にはイートインできるスペースがあり、まさに一日過ごせる。また、酪農が盛んなNY だからこそのチーズコーナーも充実。これでもか! というほどのチーズの種類と量は、自宅使いはもちろん、アメリカ土産にも最適。

お惣菜コーナー、チーズの種類も豊富。

そんなWegmans のお酒売り場、特にビール売り場はこの7 年ほどで様変わりした。今まで東海岸の商品か大手ビールしかなかったものが、西海岸、特にカリフォルニアのクラフトビールの勢いが冷蔵ショーケースを席巻。人気のビールは冷蔵庫プラス冷蔵庫前のフロア置き。更に以前はスタッフ専用だった冷蔵ストックスペースまでお客様が入れるようにリモデル。スタッフによるとフロア置きしている30 〜40 ケースでさえも3、4 日ほど、長くても1 週間以内には売り切れてしまうという。実際置いてある商品は西海岸だというのに長くてもボトリングから2 週間から4週間という新鮮さ。

最近は省エネもあってか、ビールの冷蔵庫は扉の付いた冷蔵庫が増えてきている。こちらの店舗の場合、表のドアからも商品が取れ、中の冷蔵スペースに入ってさらに多くの商品から選ぶことも。

 皆さんはボトリングデート、エンジョイバイデートをご存じだろうか? ボトリングデートはいわゆる製造日。そしてブリュワリーから「この日までに飲んでほしい」といういわゆる「賞味期限」(消費期限ではない)が「エンジョイバイデート」。弊社でも扱っているストーンブリューイング(カリフォルニア州サンディエゴ)の「Enjoy By IPA」はその名の通りで、「この日までに飲んでほしい商品」という意味だ。(蛇足になるが、今年「Enjoy After」という商品が発売されている。意味は「この日以降に飲んでほしい」というエイジング系ビール)このエンジョイバイデートは商品の性質によって異なるが、ストーンに限らず日本に入荷されている多くの商品で見られるので、ぜひチェックしてみてほしい。しっかりと冷蔵保管してあれば、「Enjoy By」の日を1 日過ぎたからと言って味に問題が即座に出るわけではないが、常温や室温保管の場合にはこの「Enjoy By」の1 か月前であったとしても味は劣化している可能性が高いのでご注意。ビールを購入するにあたっては、視界の彼方まである冷蔵ケースの品揃えを目の前にして、エンジョイパイデートを見てからカゴに入れよう。

①レストランでもクラフトビール。②大手量産ビールは今や30 本入りのケースで販売。③Enjoy By デートをチェック。冷蔵庫保管なら品質劣化はしにくいのでご安心を。ニューベルジャンは同じ製造日でも1本ずつシリアルナンバーがある品質管理の最先端!

 アメリカでは大瓶以外は少なくとも4 本パックや6 本パック、12 本パックから24 本ケース、さらには大手の量産ビールだと30 本ケースなど、1本では購入できない場合が多い。美味しいものを選ぶと幸せは沢山だが、最初に飲んだ1 本目でハズレと分かっても残り数本もれなくついてきてしまう、というロシアンルーレット的な楽しみも。アメリカ人のポリシーも忘れずに。「Bigger is Better.(何事も大きいのはいいこと)」。気持ちも大きく。

大平朱美akemiohira
( 株) ナガノトレーディング代表取締役
アメリカビール冷蔵輸送管理のパイオニア。アメリカ食文化情報発信基地として横浜関内に直営店Antenna Americaを運営。カリフォルニア在住。
     

その他の記事